ラドフォードの続報到着! 1969年製ロータス タイプ62の現代的再解釈

ロータスの技術をベースに蘇ったラドフォード! タイプ62-2には12台限定の超特別仕様も

ラドフォード タイプ62-2のプレミアイメージ
ラドフォード タイプ62-2のプレミア。
かつての英国の名門コーチビルダーが現代に帰ってきた。ロータスのコンサルタント部門であるロータス・エンジニアリングと連携する新生ラドフォードが、満を持して送り出したのがタイプ 62-2。かつてのロータス タイプ62の現代的解釈ともいえる2シータークーペが、このたびアメリカ西海岸で一般公開された。

Lotus Type 62-2 by Radford

ビートルズも顧客だったラドフォード

ラドフォード タイプ62-2のプレミアイメージ
ラドフォード タイプ62-2は62台限定。その半分以上は既に買い手がついているという。

かつてロールス・ロイスやアストンマーティンの特注仕様を手掛けていた英国の名門コーチビルダー、ラドフォード。いわゆるセレブリティも顧客リストに名を連ねており、ビートルズの4人も含まれていたという。

そのラドフォードが現代に復活した。技術協力するのはロータスのコンサルタント部門・ロータス・エンジニアリングで、経営陣として様々なメーカーでカーデザイナーとして活躍してきたマーク・スタッブス(Mark Stubbs)、テレビ番組『名車再生! クラシックカー・ディーラーズ』でお馴染みのアント・アンステッド(Ant Anstead)、元F1ドライバーのジェンソン・バトン、弁護士のロジャー・ベイル(Roger Behle)が参画している。

12台のみのゴールド リーフ仕様を披露

ラドフォード タイプ62-2のフロントビュー
ラドフォード タイプ62-2のゴールド リーフ仕様は12台のみの設定。かつてのF1マシンもまとっていた象徴的な赤×白×ゴールドの配色を採用する。

その新生ラドフォードにとって第1弾となるプロダクトが、1960年代のロータス タイプ62をオマージュした「タイプ 62-2」。限定62台のみが生産される2シータークーペが、今回アメリカ西海岸で初めて一般の面前でお披露目された。

毎年恒例の自動車の祭典、モントレーカーウィークの「ザ・クウェイル・ア・モータースポーツ・ギャザリング」内で今回公開されたラドフォード タイプ62-2は、“限定中の限定”ともいえるたった12台のみのゴールド リーフ仕様。超稀少な特別仕様であり、すでに半数以上は嫁ぎ先が決定しているという。

12台の半数以上はすでに売約済み

ラドフォード タイプ62-2 ゴールド リーフ クウェイル エディションのリヤビュー
ラドフォード タイプ62-2 ゴールド リーフ仕様。写真はその中でも“過激な仕様”と謳うクウェイル エディション。

ザ・クウェイルに登場したのは12台のゴールド リーフ仕様の中でも、特にエクスクルーシブな“クウェイル エディション”。象徴的な赤と白、そしてゴールドの配色は1968年シーズンにグラハム・ヒルが駆ったロータス49Bや、1970年シーズンにエマーソン・フィッティパルディとヨッヘン・リントが乗ったロータス72といったF1マシンも彷彿させる。

クウェイル エディションには、さらにCFRP製のフロントスプリッターやリヤディフューザーやカーボンセラミックブレーキ、CFRP製ホイールを採用。タイヤにはミシュラン パイロット スポーツ カップ 2を組み合わせている。

マーク・スタッブスは次のようにコメントしている。

「ラドフォード タイプ62-2のゴールド リーフ仕様は真のスペシャルカーです。デザイン的観点でいうと、大型のディフューザーやホイールなど、一際目を惹くビスポークパーツの数々を装着しています。しかも、かつてF1マシンを彩った最も象徴的なカラーリングもまとっているのです。このアイコニックなマシンは12台のみの生産となるので、現在購入可能なクルマの中で最もレアなモデルのひとつといえるでしょう。その多くはすでにオーナーが決定しております」

アント・アンステッドも語る。

「今回クウェイルで公開したタイプ62-2はより過激さを増した仕様となっています。低く、滑らかで、かつパワフル。しかも、私の自動車に対する情熱の原点ともいえるエマーソン・フィッティパルディやグラハム・ヒルが駆ったF1マシンの雄がまとっていたカラーリングという、最も象徴的な“衣装”を着ているのですから」

アントはさらにこう続ける。「ゴールド リーフ タイプ62-2は軽量で速く機敏なクルマで、名だたるスーパーカーにもひけをとりません。ご期待通り、ハイエンドな仕立てが隅々まで行き渡っているのはもちろんです。そう、名門のコーチビルダー、ラドフォードのビスポークのように」

元F1王者がハンドリングを磨く

ラドフォード タイプ62-2のリヤビュー
ラドフォード タイプ62-2は2021年後半に生産が始まり、2022年にはデリバリーがスタートする。

タイプ62-2のシャシーはアルミニウムと高強度カーボンファイバーで構成する。そこに搭載するパワーユニットは3.5リッターV型6気筒スーパーチャージドエンジン。ベースモデルで430bhp、ゴールド リーフで500bhpの最高出力を発揮する。組み合わせられるギヤボックスは、6速マニュアルトランスミッションと7速デュアルクラッチトランスミッション(ゴールド リーフに標準装備)である。ダイナミクス性能に関しては、ラドフォードのエンジニアによるサポートの元、かつてのF1チャンピオン、ジェンソン・バトンが腕によりをかけて磨いていくという。

ラドフォード タイプ62-2の生産は2021年後半にスタートする。デリバリーの開始は2022年を予定しているという。

著者プロフィール

三代やよい 近影

三代やよい

東京生まれ。青山学院女子短期大学英米文学科卒業後、自動車メーカー広報部勤務。編集プロダクション…