「肝はEデフの制御にある」富士スピードウェイでマクラーレン アルトゥーラを全開走行 | 2枚目の写真(全9枚)

「「肝はEデフの制御にある」富士スピードウェイでマクラーレン アルトゥーラを全開走行」の1枚目の画像
「「肝はEデフの制御にある」富士スピードウェイでマクラーレン アルトゥーラを全開走行」の2枚目の画像
「「肝はEデフの制御にある」富士スピードウェイでマクラーレン アルトゥーラを全開走行」の3枚目の画像 新開発のV6ツインターボの真上にレイアウトされるチムニー。ホットVレイアウトの排熱を900度から240度にまで下げる効果があるという。
「「肝はEデフの制御にある」富士スピードウェイでマクラーレン アルトゥーラを全開走行」の4枚目の画像 S字コーナーを駆け抜けるアルトゥーラ。サスペンションセッティングとEデフの効き方が素晴らしくマッチしていた。
「「肝はEデフの制御にある」富士スピードウェイでマクラーレン アルトゥーラを全開走行」の5枚目の画像
「「肝はEデフの制御にある」富士スピードウェイでマクラーレン アルトゥーラを全開走行」の6枚目の画像 シンプルで機能的アルカンターラの室内。ビナクルと呼ばれるメーターナセルのスイッチでパワートレインとハンドリングのモードを切り替える。
「「肝はEデフの制御にある」富士スピードウェイでマクラーレン アルトゥーラを全開走行」の7枚目の画像 大径カーボンセラミック製ブレーキローターはフロント390mm、リヤ380mm。タイヤは承認タイヤのピレリPゼロを装着していた。
「「肝はEデフの制御にある」富士スピードウェイでマクラーレン アルトゥーラを全開走行」の8枚目の画像 シンプルで機能的アルカンターラの室内。ビナクルと呼ばれるメーターナセルのスイッチでパワートレインとハンドリングのモードを切り替える。
「「肝はEデフの制御にある」富士スピードウェイでマクラーレン アルトゥーラを全開走行」の9枚目の画像 左リヤに備わる充電口。バッテリー容量は7.4kWhでEV走行可能距離は最大30km。2時間30分で80%の容量まで充電できるという。
  • 「「肝はEデフの制御にある」富士スピードウェイでマクラーレン アルトゥーラを全開走行」の9枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「肝はEデフの制御にある」富士スピードウェイでマクラーレン アルトゥーラを全開走行」の9枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「肝はEデフの制御にある」富士スピードウェイでマクラーレン アルトゥーラを全開走行」の9枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「肝はEデフの制御にある」富士スピードウェイでマクラーレン アルトゥーラを全開走行」の9枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「肝はEデフの制御にある」富士スピードウェイでマクラーレン アルトゥーラを全開走行」の9枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「肝はEデフの制御にある」富士スピードウェイでマクラーレン アルトゥーラを全開走行」の9枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「肝はEデフの制御にある」富士スピードウェイでマクラーレン アルトゥーラを全開走行」の9枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「肝はEデフの制御にある」富士スピードウェイでマクラーレン アルトゥーラを全開走行」の9枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「肝はEデフの制御にある」富士スピードウェイでマクラーレン アルトゥーラを全開走行」の9枚目の画像ギャラリーへのリンク