アストンマーティン・ヴァルハラが東京・青山でお披露目

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に登場したアストンマーティンのミッドシップ「ヴァルハラ」が東京・青山でお披露目

これほどのスーパーカーでもアストンマーティンらしさが漂うのはさすが。ドアはガルウイング式。
これほどのスーパーカーでもアストンマーティンらしさが漂うのはさすが。ドアはガルウイング式。
アストンマーティンが創り出した新しいミッドシップスポーツカー「ヴァルハラ」が東京・青山でお披露目された。4.0リッターV8ツインターボを搭載し、モーターを組み合わせたPHVで、生産台数は999台限定のスーパースポーツカーである。

Aston Martin Valhalla

4.0リッターV8ツインターボにモーターの組み合わせ

巨大なディフューザーが強力なダウンフォースを生み出す。マフラーは上方に設置されているが、このクルマは実はモックアップなのでエンジンは搭載されていない。
巨大なディフューザーが強力なダウンフォースを生み出す。マフラーは上方に設置されているが、このクルマは実はモックアップなのでエンジンは搭載されていない。

世界限定999台のスーパーカー、アストンマーティン・ヴァルハラが日本に上陸し、東京・青山のアストンマーティンハウスでお披露目された。

ヴァルハラは4.0リッターV8ツインターボとフロントに1基、リヤに1基のモーターを組み合わせるPHVで、204PSのモーターを加えることでシステム出力950PSを発揮するという。EVモードで走行する時はフロントタイヤのみを駆動し、それ以外ではバッテリーの出力は状況に応じて前後に配分され、リヤにすべての出力を送ることも可能だという。

F1のテクノロジーを注入

EV状態での走行は距離15km、最高速度130km/hまでだが、エンジンも作動すると0→100km/h加速はわずか2.6秒、最高速度は330km/hに達するという。ニュルブクリンクでの目標タイムは6分30秒に設定されている。ポルシェ911GT3のタイムが6分59秒台だから、ヴァルハラがいかに速いかがわかるだろう。

F1のテクノロジーを投入して開発されたボディはすべてカーボン製で、サスペンションはプッシュロッド式。ルーフに設けられたエアインテークや巨大なトンネルのようなディフューザーなど、レーシングマシンのテクノロジーをふんだんに採用したヴァルハラ。だがその外観は非常にエレガントで美しく、さすがアストンマーティンの仕事、と思わせる優雅さを漂わせている。

アストン新時代のミッドシップスポーツ

プッシュロッド式のサスペンションとカーボンセラミックのブレーキを備える。
プッシュロッド式のサスペンションとカーボンセラミックのブレーキを備える。

フロントエンジンのラグジュアリークーペを得意としてきたアストンマーティンだが、サーキット専用マシンのヴァルキリー、そしてこのヴァルハラと最近はミッドシップのスーパースポーツを積極的に展開し始めている。

新時代のアストンマーティンを象徴する存在となるヴァルハラは、世界限定で999台生産される。生産開始は2023年で、デリバリーは2024年となる予定だという。

アストンマーティン、初のミッドエンジンPHEVスーパースポーツ「ヴァルハラ(Valhalla)」の生産仕様を公開

アストンマーティン ヴァルハラ、デビュー! ブランド初のミッドエンジンPHEVスーパースポーツ

アストンマーティンは、ミッドエンジン&プラグインハイブリッド・パワートレイン搭載のハイブリッ…

著者プロフィール

永田元輔 近影

永田元輔