「タイカン クロスツーリスモ」でグランピングするイベントが米国で開催

「ポルシェでグランピング!?」タイカン クロスツーリスモに「ルーフテント」を装着して旅に出よう

ポルシェ テクイップメントから「ルーフテント」が発売されたことを受けて、南カリフォルニアで「タイカン クロスツーリスモ グランピング・エクスペリエンス」が開催された。
ポルシェ テクイップメントから「ルーフテント」が発売されたことを受けて、南カリフォルニアで「タイカン クロスツーリスモ グランピング・エクスペリエンス」が開催された。
アメリカ・カリフォルニア州において、ポルシェ テクイップメントから発売された「ルーフテント」を体験するメディアイベント「ポルシェ タイカン クロスツーリスモ グランピング・エクスペリエンス(Porsche Taycan Cross Turismo Glamping Experience)」が開催された。

Porsche Taycan Cross Turismo

南カリフォルニアの荒野でグランピング

ポルシェ テクイップメントの「ルーフテント」は、現行ポルシェのラインアップほとんどに装着することができる。
誰でも簡単に展開することができる「ルーフテント」を、タイカン クロスツーリスモに装着し、参加者は快適なグランピングを楽しんだ。

グラマラス(Glamorous)とキャンピング(Camping)を組み合わせたアウトドア用語、グランピング(Glamping)は、星空のもと、ゴージャスかつ快適なキャンプを表現するときに使われる。今回、参加者は南カリフォルニアの荒れたダートコースを駆け抜けた後、タイカン クロスツーリスモのロングルーフに取り付けられた、新しいルーフテントでグランピングを楽しむことになった。

タイカンは量産開始から約3年の2022年11月7日に、10万台目がラインオフ。ほかのポルシェ・ラインアップ同様、この夏には2023年のモデルイヤーで様々なアップデートが施された。そのフル電動クロスオーバーのルーフレールに、今回ルーフテントが装着された。

グランピングエリアに選ばれたのは、サドルロック・ランチ(Saddlerock Ranch)の荒涼とした地域。ドラマの『ナイトライダー(Knight Rider)』や『特攻野郎Aチーム(The A-Team)』など、数多くのミュージックビデオや広告、映画、テレビ番組の舞台になっている広大な土地だ。通常は羊や牛の飼育やワインの醸造に利用されている。

996に自作テントを搭載したブロック・キーン

今回のツアーには、タイプ996のルーフに独自のテントを装着してSNSで発信するブロック・キーンも加わった。
今回のツアーには、タイプ996のルーフに独自のテントを装着してSNSで発信するブロック・キーンも加わった。

今回、メディアと共にキャンプをしたのは、ブロック・キーン(インスタグラムアカウント:@996roadtrip)。彼は妻のサラ、愛犬のルーシーとともに、ルーフテントを装備した996型ポルシェ911で5000kmの道のりを走破。911にルーフテントを装着するというクレイジーなアイデアから、それが現実化するまでの変遷を、5年間インスタグラムで発信し続けてきた。

「996で3000マイルを走って、南カリフォルニアに到着しました。まさか、ここでルーフテントを装着したタイカンと共にキャンプを楽しめるなんて、思いもしませんでしたよ(笑)」

「ルーフトップテントを装着したスポーツカーでのキャンプは、ラフロードをノロノロと走る古い大型SUVで行くよりも、ずっと快適です。アメリカでは一日中素晴らしい道を走って、好きなところにテントを張り、この壮大な景色を楽しむことができるのです」

抜群のユーティリティを誇るクロスツーリスモ

ポルシェ テクイップメントの「ルーフテント」は、現行ポルシェのラインアップほとんどに装着することができる。
クロスツーリスモは、フル電動モデル「タイカン」の走行性能に加えて、最大1200リッターのラゲッジルームや大型テールゲートなど、抜群のユーティリティ性能が追加された。

タイカン クロスツーリスモは、優れたパフォーマンスや長い航続距離など、タイカンの強みをすべて備えながら、後席乗員のヘッドルームを拡大。さらに大型テールゲートの奥には、最大1200リッターを超えるラゲッジルーム容量が確保されている。

車高調整機能を持つエアサスペンションを標準搭載。オフロードデザイン要素として、ホイールアーチカバー、フロント&リヤの専用ロワセクション、サイドスカートが装着された。オプションの「オフロードデザイン・パッケージ」を組み合わせることで、前後バンパーのコーナー部分とドアシルに専用フラップを装着。これにより飛石による衝撃からボディを守ることができる。

タイカンを含め現行モデルに装着可能

ポルシェ テクイップメントの「ルーフテント」は、現行ポルシェのラインアップほとんどに装着することができる。
誰でも簡単に展開することができる「ルーフテント」は、718以外の現行モデルのルーフに装着することができる。

このタイカン クロスツーリスモに、ポルシェ テクイップメントの新型「ルーフテント」を搭載。ハードケースは「ブラック/ライトグレー」「ブラック/ダークグレー」からチョイスでき、それぞれにマットブラックの「PORSCHE」ロゴがあしらわれる。ルーフテントは、911、マカン、カイエン、パナメーラ、タイカンのルーフトランスポートへの取り付けが可能だ(ルーフレール未装着者でも装着可能)。

展開した状態で床面は210×130cm。内部には快適な高密度ポリフォームマットレスが敷かれた。テントの壁は通気性の良いコットンブレンド。防水ジッパーと独立したレインカバーにより、雨天にも対応する。

インテリアのハイライトは、保温性の高いライトグレーのキルティングライニング。ルーフウィンドウとふたつのサイドウィンドウが標準装備される。サイドウィンドウはフルオープンで換気も可能。蚊の侵入を防ぐインセクトガードや、光を遮断するブラックアウト機能も採用されている。

このルーフテントは、キャンプ場において、素早く設営することが可能。まず、安全ラッチを開き、ハードケースを少し持ち上げ、2基のガス圧ショックアブソーバーを使用してハードケースを展開する。その後、フロアのフットゾーンを折りたたみ、内蔵の伸縮式ラダーを使って安定化。最後のステップとして、テントを立ち上げ、4本のポール固定することで完成する。

テクイップメントは、専用アクセサリーも用意。インナーテント、ヒートブランケット、シューズ&バッグオーガナイザーなどを追加することができる。

開発時想定していた以上の困難な道が待ち構えていた今回のチャレンジ、タイカンは一度もトラブルに見舞われず4000kmを走り切った。

「無謀?」「冒険しすぎ」ポルシェ タイカンがインド屈指の難コース「K2K」4000km走破に挑戦!【動画】

インドの「K2K」は、北部のカシミールから南部のカンニヤークマリ地方まで、変化に富んだトリッ…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部