ルノー アルカナにマイルドハイブリッドシステム搭載

ルノーのミドサイズSUV「アルカナ」にマイルドハイブリッド版の「R.S.LINE MILD HYBRID」追加

ルノー アルカナのラインアップに、フルハイブリッドの「R.S.LINE E-TECH FULL HYBRID」に加えて、新たにマイルドハイブリッドモデルが追加された。
ルノー アルカナのラインアップに、フルハイブリッドの「R.S.LINE E-TECH FULL HYBRID」に加えて、新たにマイルドハイブリッドモデルが追加された。
ルノー・ジャポンは、機能美とクーぺのエレガントさが融合した都会的なフォルムのクーペSUVアルカナに、欧州で鍛えられたパワフルな走りと燃費の良さを両立したマイルドハイブリッドシステムを搭載。「アルカナ R.S.LINE MILD HYBRID」を、12月1日から全国のルノー正規販売店で販売する。

Renault ARKANA R.S. LINE MILD HYBRID

1.3リッター直4ターボ+BSGの組み合わせ

ルノー アルカナ R.S.LINE MILD HYBRIDのエクステリア。
日本導入が開始されるのは、欧州でも人気のマイルドハイブリッドシステム搭載モデル。1.3リッター直列4気筒直噴ターボエンジンに、BSGが組み合わせられる。

日本導入が開始される「アルカナ R.S.LINE MILD HYBRID」は、1.3リッター直列4気筒直噴ターボエンジンに、補助モーター(BSG)と12Vリチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを採用したモデルとなる。

搭載されるマイルドハイブリッドシステムは、高速道路や登坂路などでは、欧州で鍛えられた力強い走りをもたらす一方、減速時に発生するエネルギーを12Vリチウムイオンバッテリーに蓄え、発進・加速時にモーターを駆動。エンジンをアシストすることで、燃費を低減する。

また、ストップ&スタート機能や、安定走行時にエンジンを停止するクルージング機能により、無駄な燃料消費を抑制。トランスミッションは、ダイレクト感あふれる走りをもたらす電子制御7速DCT(7EDC)を採用し、パワフルなエンジンの性能を余すことなく引き出す。さらに、パドルシフトも搭載しており、シフト操作を行い思いのままに走りを楽しむこともできる。

上位モデルと同じ安全装備を標準搭載

よりリーズナブルな「R.S.LINE MILD HYBRID」だが、上位モデルの「R.S.LINE E-TECH FULL HYBRID」と変わらない安全・運転支援装備が標準搭載される。
よりリーズナブルな「R.S.LINE MILD HYBRID」だが、上位モデルの「R.S.LINE E-TECH FULL HYBRID」と変わらない安全・運転支援装備が標準搭載される。

ルノー アルカナ R.S.LINE MILD HYBRIDには、フルハイブリッドシステムを搭載する上位モデルの「R.S.LINE E-TECH FULL HYBRID」と同様、アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーンセンタリングアシスト(車線中央維持支援)、アクティブエマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)、360カメラ等の先進の運転支援システムを標準搭載する。

また、ラゲッジスペースに関しては「R.S.LINE E-TECH FULL HYBRID」の480リットルに対して、33リットルも多い513リットルを確保している。

車両本体価格(税込)

ルノー アルカナ R.S. LINE MILD HYBRID:399万円

【問い合わせ】
ルノーコール
TEL0120-676-365

【関連リンク】
・ルノー・ジャポン公式サイト

フルハイブリッドのダイナミッククーペSUV、ルノー アルカナ。

ドグクラッチ搭載のSUV? まさかのF1との親和性を持つルノー アルカナ

ルノーのラインナップにEテックハイブリッドを搭載するアルカナが追加された。単に燃費がいいだけ…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部