中国製BEV「BYDアット3」は2023年から発売開始

来年1月発売の最新中国BEV「BYDアット3」は日産リーフとアリアの中間を狙い澄ましたほどよい価格か?

BYDの世界戦略EVの「アット3」。欧州9ヵ国での販売も決定しており、EuroNCAPの安全性評価で最高評価の5つ星を獲得するなど、高い安全性が裏付けられているという。
BYDの世界戦略EVの「アット3」。欧州9ヵ国での販売も決定しており、EuroNCAPの安全性評価で最高評価の5つ星を獲得するなど、高い安全性が裏付けられているという。
BYDオートジャパンは、BEVのミドルサイズSUV「ATTO 3(アットスリー)」の税込希望小売価格を440万円と発表した。日産のアリア(539万円〜)やリーフ(370万9200円〜)の中間に位置する戦略的価格で、発売日は2023年1月31日という。

BYD ATTO 3

2023年1月31日から440万円で発売開始

2023年1月、BYDオートジャパンが日本発売モデル第1弾e-SUV「ATTO3」発売する。BYDオートジャパンは、ミドルサイズSUV「ATTO 3(アットスリー)」の税込希望小売価格を440万円と発表した。発売は2023年1月31日という。

アット3は、2022年2月に中国本土での販売開始以降、オーストラリアやタイなどアジア太平洋地域で発売され、10月末までのグローバルでの累計販売台数は14万3000台に上るという。BYDの世界戦略EVとして、欧州9ヵ国での販売も決定しており、EuroNCAPの安全性評価で最高評価の5つ星を獲得するなど、高い安全性が裏付けられている。

エクステリアはコンサバティブなアット3だが、インテリアは“フィットネスジム×音楽”をモチーフにポップなデザインがなされている。トレッドミルに着想を得たセンターアームレスト、ハンドグリップを想起させるドアハンドルのほか、弦を弾くと音を奏でるドアトリムなど、遊び心あるデザインが随所に散りばめられている。

ディーラーはまず22店舗で展開

ADAS(先進運転支援システム)など、同一車線内走行支援のナビゲーションパイロットや死角をサポートするブラインドスポットインフォメーション、自動緊急ブレーキシステムなど、充実した機能を標準で装備。実際の航続距離も400〜500kmというから、かなり攻めた価格設定と言えるだろう。

BYDオートジャパンは、ディーラー網も拡大しており2023年1月下旬以降、15都道府県計22の開業準備室を順次オープンし、商談や試乗が可能になるという。さらに2023年中頃にコンパクトBEV「ドルフィン」を、2023年下半期にセダンBEV「シール」を販売し、日本におけるラインナップを3モデルとする予定だ。

セダン「シール」(左)ミドルサイズSUV「アット3」(中央)、コンパクトカー「ドルフィン」(右)という都合3モデルが2023年中に発売されるという。

中国自動車メーカー「BYD」が日本市場に初進出! まずは3モデルが2023年に導入される

中国発のBEVメーカー、BYDの日本進出が発表された。まずはミドルサイズSUV「アット3」を…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部