マセラティ初のフォーミュラE「ティーポ フォルゴーレ Gen3」を発表

トライデントが大胆に描かれたフォーミュラEマシン「マセラティ ティーポ フォルゴーレ Gen3」【動画】

トライデントが大胆に描かれたフォーミュラEマシン「マセラティ ティーポ フォルゴーレ Gen3」。
2023年からフォーミュラEに投入される、マセラティ初の電動レーシングカー「ティーポ フォルゴーレ Gen3」。
マセラティと、マセラティ・MSG・レーシングは、2022年-23年シーズン(シーズン9)のABB FIA フォーミュラE世界選手権に参戦するフル電動レーシングカー「マセラティ ティーポ フォルゴーレ Gen3」のカラーリングを発表した。

Maserati Tipo Folgore Gen3

モデナ市街でカラーリングをアンベール

12月6日、マセラティはモデナ市街において、ドライバーのモルタラとギュンターが参加し、「ティーポ フォルゴーレ Gen3」のアンベールイベントを開催した。
12月6日、マセラティはモデナ市街において、ドライバーのモルタラとギュンターが参加し、「ティーポ フォルゴーレ Gen3」のアンベールイベントを開催した。

イタリアの自動車ブランドとして初めてフォーミュラEへのワークス参戦を決めたマセラティは、12月6日に本拠地モデナ市街の特設ステージで「ティーポ フォルゴーレ Gen3」を公開した。今回、街の中心地で発表を行ったのは、一般の人々にレースへの興味を取り戻させる狙いがあったという。

マセラティを象徴するトライデントをイメージし、ブルーベースのカラーリングを纏ったティーポ フォルゴーレ Gen3は、ラインアップの電動化を進めるマセラティのハイパフォーマンス、高効率、最先端技術を象徴。サーキットから市販モデルへと、革新性を伝えるマセラティの新ポリシー「Race Beyond」を表現している。

トライデントのロゴを冠した最初のレーシングカーは、1926年のタルガ・フローリオでデビューを果たし、アルフィエリ・マセラティがステアリングを握ってクラス優勝を果たした「ティーポ26」まで遡る。それから96年、トライデントロゴが描かれたティーポ フォルゴーレ Gen3は、マセラティの電動モデルライン「フォルゴーレ」を象徴している。

電動パワートレイン開発の走る実験室に

トライデントが大胆に描かれたフォーミュラEマシン「マセラティ ティーポ フォルゴーレ Gen3」。
多くの自動車メーカーが参戦するフォーミュラEに参戦することで、電動パワートレインに関する様々なノウハウを蓄積。これらの技術は将来の電動モデルに活かされる予定だ。

ティーポ フォルゴーレ Gen3には、ノーズコーンとリヤカウルにマセラティを象徴するトライデント、バルクヘッド両側にはイタリア国旗のトリコローレを大胆にあしらったマセラティ・コルセのロゴが配された。

2022年-23年シーズンからフォーミュラEに投入される新型シャシー「Gen3」は、フロントとリヤに電動パワートレインが搭載され、最高出力は350kW。回生エネルギーは600kWにまで高められている。95%に達した電力効率により、レース中に使用されるエネルギーの40%以上を、回生ブレーキだけでまかなうことができる。

フォーミュラEにおいて、マセラティは電動パワートレインやソフトウェア関連技術の開発を進める予定。モータースポーツからのフィードバックは、マセラティの電動モデルライン「フォルゴーレ」へと反映されることになる。

ティーポ フォルゴーレ Gen3は、この後、スペイン・バレンシアでプレシーズンテストに参加。エドアルド・モルタラとマクシミリアン・ギュンターの2台体制で、2023年1月14日にメキシコシティで開催される「メキシコE-Prix」でデビューを飾る予定だ。

マセラティ ティーポ フォルゴーレ Gen3を動画でチェック!

新シーズンに向けてイタリアで精力的にテストを続ける「ポルシェ 99X エレクトリック Gen3」。

ポルシェの新世代フォーミュラE「99X エレクトリック Gen3」がイタリアでワールドプレミア【動画】

ポルシェ・モータースポーツは、2022-23年シーズン(シーズン9)のABB FIA フォー…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部