ロマン・グロージャンがランボルギーニファクトリードライバーに

元F1ドライバーのロマン・グロージャンがランボルギーニのGT3/LMDhプロジェクトドライバーに

様々なカテゴリーでの経験を持つグロージャンが加入。デビュー戦はウラカン GT3 EVO2で参戦する2023年のデイトナ24時間レースとなる。
様々なカテゴリーでの経験を持つグロージャンが加入。デビュー戦はウラカン GT3 EVO2で参戦する2023年のデイトナ24時間レースとなる。
ランボルギーニのモータースポーツ部門スクアドラコルセは、ロマン・グロージャン(Romain Grosjean)が2023年シーズンのランボルギーニ・ファクトリードライバーに加わったことを発表した。元F1ドライバーのグロージャンは、2024年のデビューを予定しているランボギーニLMDhの開発プロジェクトにも参加することになる。

F1やインディカーで豊富な経験を持つグロージャン

F1やインディカー・シリーズで豊富な経験を持つロマン・グロージャンが、ファクトリードライバーとしてランボルギーニに加入した。
F1やインディカー・シリーズで豊富な経験を持つロマン・グロージャンが、ファクトリードライバーとしてランボルギーニに加入した。

フランスとスイスの二重国籍を所有するグロージャンは、1986年4月17日生まれの36歳。ルノー、ロータス、ハースなどから、約10年におよぶF1参戦のキャリアを持つ。過去2シーズンは、米国でインディカー・シリーズに参戦していた。

2023年シーズン、グロージャンはランボルギーニ・ファクトリードライバーのアンドレア・カルダレッリ、ミルコ・ボルトロッティとともに、アイアン・リンクスのランボルギーニ ウラカン GT3 EVO2をドライブし、デイトナ24時間レースに参戦。2023年シーズン中、いくつかの耐久レースへの参戦も決まっており、詳しいプログラムは追って発表される予定だ。

さらにGT3プログラムに加え、カルダレッリ、ボルトロッティとともに、ランボルギーニとアイアン・リンクス(Iron Lynx)はが現在開発を進めている、LMDhマシンのテストドライバーも担当。2024年シーズンから、LMDhマシンでFIA世界耐久選手権(WEC)と、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権にも参戦することが決まっている。

間もなくグロージャンによるLMDhのテストがスタート

2024年シーズンから、FIA世界耐久選手権(WEC)と、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権にワークス参戦するランボルギーニ。間もなく、グロージャンも参加するLMDhマシンのテストが開始される。
2024年シーズンから、FIA世界耐久選手権(WEC)と、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権にワークス参戦するランボルギーニ。間もなく、グロージャンも参加するLMDhマシンのテストが開始される。

スイスのDCレーシング・ソリューションズ社が所有するアイアン・リンクス、FIA世界耐久選手権と、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に、ランボルギーニのパートナーチームとして参戦。また、アイアン・リンクスとランボルギーニは、30年にわたるチャンピオンシップのノウハウを持つプレマ・エンジニアリングとも緊密に連携していく。

ファトリードライバーとして、ランボルギーニに加わることになったグロージャンは、次のように喜びのコメントを語った。

「まずは、ランボルギーニのファクトリーチームに加入できることを光栄に思います。私や子供たちを含め、クルマを愛するすべての人にとって、ランボルギーニは特別なブランドです。さらにふたつのトピックにも興奮しています。ひとつはこれまでデイトナ24時間で成功を収めてきたウラカン GT3でシーズンをスタートできること。そして、アイアン・リンクスのような素晴らしいチームと仕事をすることで、新たな発見もありそうです」

「2022年後半からは新型LMDhマシンの開発もスタートします。この美しいレーシングカーを、一足先に見ることができて、私はラッキーでしたね(笑)。耐久レースシリーズは、多くのコンストラクターが参入してきたことで、非常にエキサイティングなカテゴリーになりつつあります。ランボルギーニは成功を手にしてきたブランドです、将来的にきっとうまくいくはずです」

ロードカーのデザインを受け持つフェラーリ・チェントロ・スティーレの手になる499P。ロードカーとは基本的に無関係なプロトタイプカーだが、ひと目でフェラーリとわかるスタイリングに仕上げた。

「来年のル・マン24時間が待ち遠しい!」フェラーリの最新プロトタイプレーシングカー「499P」発表

2023年からFIA世界耐久選手権(WEC)のハイパーカークラスへのエントリーを表明している…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部