最新プレタポルテを思わせる「ロールス・ロイス カリナン インスパイアード バイ ファッション」

「カリナン インスパイアード バイ ファッション」にロールス・ロイスの星空表現に対する情熱を見た

ロールス・ロイス カリナン インスパイアード バイ ファッションから新たに採用された、「スターライト・テールゲート」。
ロールス・ロイスのビスポーク装備として人気を集めている「スターライト・ ヘッドライナー」に続き、完全新開発の「スターライト・テールゲート」がカリナン インスパイアード バイ ファッションから登場。テールゲートにも192個の星空が広がることになった。
ハウス・オブ・ロールス・ロイス(House of Rolls-Royce)は、「Re-Belle」と「Fu-Shion」という、ふたつのコレクションからなる「カリナン インスパイアード バイ ファッション」 を発表した。カリナン インスパイアード バイ ファッションは、アート作品として、マイアミで開催されているアート・バーゼル・マイアミ・ビーチにおいて公開された。

Rolls-Royce Cullinan Inspired by Fashion

最新トレンドからインスパイアされたふたつのライン

ロールス・ロイス カリナン インスパイアード バイ ファッション「Re-Belle」のエクステリア。
最新ファッショントレンドを反映させた「カリナン インスパイアード バイ ファッション」は、対照的な「Re-Belle(写真)」と「Fu-Shion」というふたつのラインが用意された。

アート・バーゼルで公開された「カリナン インスパイアード バイ ファッション」は、最新のファッショントレンドを反映し、ロールス・ロイスが持つビスポークの無限の可能性を示すモデルとして製作。カラーブロックに着想を得た大胆なカラーの「Re-Belle」と、機能性とファッション性を兼ね備えた「Fu-Shion」というふたつプレタポルテ・コレクションを展開する。

どちらも、カリナン ブラックバッジをベースに、高級ファッションブランドの世界に見られる、鮮烈な色使いとテクスチャーからインスピレーションを得ており、ラグジュアリーカスタマーの多彩な嗜好やライフスタイルを反映した。ロールス・ロイス・ モーター・カーズにおいて、ビスポーク・カラー&マテリアルデザイナーを務める、セリーナ・メッタンはファションをテーマにしたふたつのラインについて、次のようにコメントしている。

「カリナン インスパイアード バイ ファッションは、ロールス・ロイスのお客様、つまり多彩な嗜好を持ち、アートやファッション、 デザインなどの分野でトレンドを生み出してきた人々の世界からインスピレーションを得ています。彼らは限界を飛び越え、常識に挑戦し、個性を大胆に表現してきました。そんな彼らのテイストを反映したカリナン インスパイアード バイ ファッションの各モデルは、お客様のライフスタイルに完璧にマッチすることでしょう」

カラーブロックから着想を得た「Re-Belle」

ロールス・ロイス カリナン インスパイアード バイ ファッション「Re-Belle」のインテリア。
ファッション業界で使用されるビビッドなカラーブロックからインスピレーションを得た「Re-Belle」。インテリアはビビッドはピオニー・ピンクやライムグリーンをアクセントにした。

カリナン インスパイアード バイ ファッションは、ビスポークが持つ無限の可能性を表現するため、デザイナーが8つの明確な個性を創り出した。

各コレクションには、 象徴的なアクセントカラーで特徴付けられたふたつの内装カラーコーディネトを採用。「Re-Belle」はライムグリーンかピオニー・ピンク、「 Fu-Shion」は マンダリンかフォージ・イエローからチョイスすることができる。それぞれのインテリアスタイルに組み合わされるエクステリアは人目を引くスタイルと、控えめなスタイルという2種類が用意された。

「Re-Belle」はコンテンポラリーなカラーブロックのトレンドを反映。ピオニー・ピンクやライムグリーンをアクセントにしたインテリアは、アークティック・ホワイトやカシミア・グレーのレザートリムと絶妙なコントラストを生み出している。

ダッシュボードには、2022年のファッションショーで見られたメタリックなアパレルを思わせる、ハンドメイドで緻密に織り上げられたステンレススチール製織布をチョイス。直径0.45mmという繊細な糸が複雑な質感を生み出し、クルマの動きに合わせて美しい光沢を放つ。

「Re-Belle」は、ライムグリーン、ガンメタル、ワイルドベリー、アークティック・ホワイトという4種類のエクステリアカラーが用意されており、インテリアカラーに合わせて選ぶことができる。

2023年春夏を意識した「Fu-Shion」

ロールス・ロイス カリナン インスパイアード バイ ファッション「Fu-Shion」のエクステリア。
クールな印象の「Fu-Shion」は、2023年の春夏プレタポルテ・コレクションから着想を得ており、ストリートウェアを連想させる機能性が重視された。

大胆な個性を放つ「Fu-Shion」は、ハイファッションを実用的なスタイルで再解釈した。2023年春夏プレタポルテ・コレクションを彷彿とさせ、ストリートウェアを連想させる機能的なエレメントを採用。「ラグジュアリーの頂点を極め、どこへでもエフォー トレスに」というカリナンの個性を表現している。

「Fu-Shion」のため、ロールス・ロイスのデザイナーは2種類のインテリアスタイルを創り出した。こちらはミリタリーグリーン、ネイビーブルー、マンダリンという人目を引く組み合わせと、アークティック・ホワイトとカシミア・グレーのレザーにフォージ・イエローのアクセントをいれたコーディネーションとなる。

エクステリアカラーは、インテリアカラーに応じて、ミリタリーグリーン、バーンアウトグレー、フォージ・イエロー、テンペスト・グレーの4色から選ぶことができる。

テールゲートにも広がった美しい星空

カリナン インスパイアード バイ ファッションのために、完全新開発の「スターライト・テールゲート」が開発された。すでに投入されている「スターライト・ ヘッドライナー」の幻想的な天空の光景をキャビンの外にまで広げる、印象的な装備となる。

延べ22時間以上かけて製作される特別なビスポーク装備は、パーフォレイテッドレザーに組み込まれた192個の淡く光るライトで構成。このスターライト・テールゲートとハッチゲートを開けると展開する「ビューイング・スイート」により、パッセンジャーは星降る夜の魅惑的な美しさを、どこにいても楽しむことができる。

ダッシュボード下部には、初めてカラーピアノウッドパネルを採用。「Re-Belle」はカシミア・グレー、「Fu-Shion」はネイビーブルーとなる。 この艶やかな仕上げ処理は、統一感のある要素として機能。カリナン インスパイアード バイ ファッションのインテリアに、さらなる深みを与えている。

「究極のスタイル」で旅を楽しむため、カリナン インスパイアード バイ ファッションには、4つのインテリアテーマに合わせてデザインされた「マッチング・ラゲッジ・コレクション」も用意。24時間ウィークエンダー、48時間ウィークエンダー、ホールドオール、トートバッグ、オーガナイザー・ ポーチをラインアップし、単品でも5点セットでも購入することができる。

ロールス・ロイス初の電動ウルトララグジュアリークーペ「スペクター」のエクステリア。

ロールス・ロイス初のフル電動モデル「スペクター」は2023年後半デリバリー開始【動画】

ロールス・ロイスは同社初のフル電動モデル「スペクター」を発表した。前世紀の1900年、ロール…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部