共同でコネクテッドカーの開発を行うポルシェとボーダフォン

高速で高度な自動運転のためにポルシェがナルド・テクニカルセンターに設置したモノ

5G技術の導入は、車両と道路施設、車両間などの相互作用を改善。より複雑な交通状況のテストが可能になる。
5G技術の導入は、車両と道路施設、車両間などの相互作用を改善。より複雑な交通状況のテストが可能になる。
ポルシェ・エンジニアリングと、通信大手のボーダフォン・ビジネス(Vodafone Business)は、ヨーロッパ初となる「5Gハイブリッド・モバイル・プライベート・ネットワーク(MPN)」を、イタリアの試験施設ナルド・テクニカルセンター(NTC:Nardo Technical Center)に設置した。これにより、インテリジェントなコネクテッドカーや自動運転技術の開発が、さらにスピードアップすることになる。

5G化により加速するコネクテッドカーの開発

5G高速ネットワークが導入され、より高度な試験・検証が可能になったイタリアのナルド・テクニカルセンター。
現在、ポルシェはインテリジェントな技術を導入したコネクテッドカーや自動運転車両の開発を進めており、ナルドへの5G高速回線導入は、開発スピードを大幅に高めることになりそうだ。

南イタリアのナルド・テクニカルセンターは、現在ポルシェが所有し、ポルシェ・エンジニアリングが運営。今回、「5Gハイブリッド・モバイル・プライベート・ネットワーク」の導入によって、高速回線で広域をカバー、通信速度低下を防ぎ、セキュリティと信頼性の向上、リアルタイム通信ネットワークの提供などが可能になった。

ポルシェ・エンジニアリングのCEOで、ナルド・テクニカルセンターの責任者も務めるピーター・シェーファーは、今回の5G導入について次のように説明する。

「ナルドのテストトラックでは、常に技術レベルを次の段階へと押し上げてきました。今回の施策により、将来のモビリティに対する高い要求を満たせるようになることでしょう。5Gネットワークへの対応によって、自動運転やコネクテッドカーの開発おいて、さらに優れたインフラを施設の利用者へと提供していきます」

ボーダフォン・ビジネスが誇る5Gネットワーク

5G高速ネットワークが導入され、より高度な試験・検証が可能になったイタリアのナルド・テクニカルセンター。
ボーダフォン・ビジネスは、これまでも様々な地域で5G高速回線を展開。ナルド・テクニカルセンターへの導入により、周辺地域の住民も公共回線として5Gネットワークを利用することができるようになった。

ボーダフォン・ビジネスにより、5Gモバイル・ネットワークインフラが設置されたことで、700ヘクタール以上の面積を持つテストセンター全体で、4Gと5G回線の使用が可能になった。さらに従来の高性能1Gbit/s接続も提供されるため、クラウドへと高速かつダイレクトな接続が可能となり、施設の利用者は様々なアプリケーションやソフトウェアの開発・検証を効率的に行うことができるようになった。

ナルドに導入された5Gモバイル・プライベート・ネットワークは、ボーダフォンの公衆モバイルネットワークに、プライベートネットワークを統合した、ハイブリッド・インフラとなる。広大な施設全体をカバーできるだけでなく、周辺地域の住民にも高速5G公共ネットワークが提供される。

ボーダフォン・ビジネスのヴィノド・クマールCEOは、今回の高速ネットワーク構築について次のようにコメントした。

「ナルドでは5Gネットワークにより、スマートシティのような通信環境が提供されます。モビリティを変革する次世代アプリケーション開発のために、施設の内外でシームレスなネットワーク環境が実現したのです。今後、ナルドにおいて、当社の最新技術を使って、ビジネスの可能性を引き出すお手伝いができることを嬉しく思います」

絶え間ないアップデートが続けられているナルド

5G高速ネットワークが導入され、より高度な試験・検証が可能になったイタリアのナルド・テクニカルセンター。
ポルシェは2012年にナルド・テクニカルセンターを買収。2021年の全面改修、今回の5G高速回線導入により、より高度な試験・検証が可能になった。

2012年にポルシェがナルド・テクニカルセンターを買収して以来、試験施設の近代化と技術的なアップデートを目指し、ワークショップや安全システム、その他の試験トラックへの継続的な投資が行われてきた。直径4kmの円形トラック(全長12.6km)に高速データ通信用光ファイバーケーブルを施設したり、自動運転を検証するための道路標識の設置など、2019年には全面改修も行われている。

ポルシェ・グループとボーダフォンは、2021年8月にドイツ・ヴァイザッハにあるポルシェ開発センターへと独立型5Gネットワークを展開。今回のナルド・テクニカルセンターへの5Gネットワーク導入も、両社の協業により実現した。

MY23となったタイカンは、モーターやバッテリーの制御なども改善されて、航続距離も向上している。

「初期型オーナーに朗報!」ポルシェ タイカンの驚くべき2023年モデルへのアップデートの中身

ポルシェ初のBEVとして登場したタイカンだが、PPEモデル登場の前にその商品性は地道にアップ…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部