2023新春サーキットテスト「フォルクスワーゲン ゴルフGTI編」

【荒聖治の2023新春サーキットテスト】元祖ホットハッチのゴルフGTIはやっぱり今でもGTIだった

クイックなステアリングと、車両の完成度の高さで、FFなのに舵角が少ない。シャープに曲がる印象。
クイックなステアリングと、車両の完成度の高さで、FFなのに舵角が少ない。シャープに曲がる印象。
今はルノー・メガーヌR.S.やホンダ・シビック・タイプRに奪われたホットハッチの王座をはたして新型ゴルフGTIは奪還できるか?

Volkswagen Golf GTI

いきなり真横を向いてしまった

コーナリングからの加速で、「これGTI?」と思ってしまうほどエンジンにパワー感がない……。しかし、その後ドライで印象は一変する。

実は、筆者の4輪レースデビューは、フォルクスワーゲン・ゴルフのワンメイクレースである。ゴルフIIこそ私の原点だ。それもあって、デビュー以来ずっとプライベートでもフォルクスワーゲンに乗り続けている。レースや仕事の関係でプライベート車のメーカーが変わっても、必ず1台はフォルクスワーゲンを所有し続けてきた。

だから今回、最新GTIに乗れることがとても楽しみだった。最新型の完成度はどうだろう? まだ濡れた路面が残る難しいコンディションの中コースインすると、1コーナーでリヤが大きく流れ、いきなりクルマが真横になってしまった。タイヤが冷えている事が最大の原因だが「え!? ゴルフGTIってこんなに簡単に横になるの?」と驚いた。

そのまま加速すると、エンジンパワーに関しても、「これGTI?」と思ってしまうほどパワー感がない。時代に合わせて、環境問題に取り組む自動車メーカーは、エミッションを少なく抑える環境性能とパフォーマンスをバランスさせる難しさと戦っている。

ドライで豹変したGTI

ところが完全なドライコンディションになると印象が一変した。ロック・トゥ・ロック2回転のとてもクイックなステアリングと、車両の完成度の高さで、FFなのに舵角が少ない。ボディ剛性向上も貢献してか、タイヤにしっかりと力が伝わり、シャープに曲がる印象だ。やはりこのクルマはGTIだと確認できた。

コーナーの進入ではブレーキを使う量でリヤをスライドさせてコーナリングでき、コントロールする楽しさをFFでも味わえる。たしかにエンジンは以前のようなパンチのある加速感が感じられなくなってしまったが、コーナリングに進化を感じた。

最新GTIの才能は、サーキットではなく一般道にあると感じた。ステアリングの操作系も軽い味付けに設定されており、長時間運転していても腕の疲れや首肩のコリが少なく移動できた。レーンキープアシストによる車線中央維持も自然だ。

タッチパネルが残念

一方でクルマの設定変更からオーディオ、エアコンまでタッチパネルですべてを行うのだが、これが複雑で結局、最後までやり方がわからなかった。それを除けば、荷物を乗せて、その時走行するスピードに対して、すべてに余裕を持って走れるのは未だ持ち続けるGTIのアドバンテージだと感じた。

REPORT/荒 聖治(Seiji ARA)
PHOTO/市 健治(Kenji ICHI)
MAGAZINE/GENROQ 2023年2月号

SPECIFICATIONS

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI

ボディサイズ:全長4295 全幅1790 全高1465mm
ホイールベース:2620mm
車両重量:1430kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ
総排気量:1984cc
ボア×ストローク:82.5×92.8mm
圧縮比:9.6
最高出力:180kW(245PS)/5000-6500rpm
最大トルク:370Nm(37.7kgm)/1600-4300rpm
トランスミッション:7速DCT
駆動方式:FWD
サスペンション:前マクファーソンストラット 後マルチリンク
ブレーキ:ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ:前後225/40R18
最高速度:250km/h(電子制御)
0-100km/h加速:6.9秒
燃料消費率:12.8km/L
車両本体価格(税込):486万2000円

凶暴とも例えてよいパフォーマンスながら、低速域ではその片鱗を見せることなく、7速DSGとの組み合わせでスムーズな動きに終始する。

320PSの最強「フォルクスワーゲン ゴルフR」はワインディングで試すとどうなる?

フォルクスワーゲン・ゴルフの最強グレードであるRが生まれ変わった。史上最強の320PSを発揮…

著者プロフィール

荒 聖治 近影

荒 聖治