新型車ラッシュのSUVは一過性のブームで終わるのか 【渡辺慎太郎の独り言】 | 6枚目の写真(全7枚)

「新型車ラッシュのSUVは一過性のブームで終わるのか 【渡辺慎太郎の独り言】」の1枚目の画像 カリナンはロールス・ロイス初のSUVとして2018年に誕生。フラッグシップ「ファントム」とベースを共有する。
「新型車ラッシュのSUVは一過性のブームで終わるのか 【渡辺慎太郎の独り言】」の2枚目の画像 アストンマーティンが2019年11月20日に満を持して発表した「DBX」。SUV専用の新しいプラットフォームを使用している。
「新型車ラッシュのSUVは一過性のブームで終わるのか 【渡辺慎太郎の独り言】」の3枚目の画像 走りを楽しめるSUVとして独自の足場を築くマセラティ・レヴァンテは2016年にデビュー。ポルシェ・カイエンからの乗り換えが多いという。
「新型車ラッシュのSUVは一過性のブームで終わるのか 【渡辺慎太郎の独り言】」の4枚目の画像 トラクションコントロールなどの電子制御デバイスの活用で「あえて4WDにしない」という選択をしたシトロエン C3 エアクロス。2017年10月のデビュー以来、すでに20万台を販売しておりシトロエン乗用車モデルで2位の販売ボリュームを占めている。
「新型車ラッシュのSUVは一過性のブームで終わるのか 【渡辺慎太郎の独り言】」の5枚目の画像 2018年に2代目へフルモデルチェンジしたプジョー 508SW。プジョーはCセグメントの308にもエステートモデルをきちんとラインナップしている。
「新型車ラッシュのSUVは一過性のブームで終わるのか 【渡辺慎太郎の独り言】」の6枚目の画像 2018年に4代目に生まれ変わったスズキ・ジムニー。既存オーナーだけでなく新規顧客も大いに呼び込み、納車まで1〜2年待ちという大ヒット作となっている。
「新型車ラッシュのSUVは一過性のブームで終わるのか 【渡辺慎太郎の独り言】」の7枚目の画像 連載コラム「渡辺慎太郎の独り言」第11回のトビライメージ。
  • 「新型車ラッシュのSUVは一過性のブームで終わるのか 【渡辺慎太郎の独り言】」の7枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「新型車ラッシュのSUVは一過性のブームで終わるのか 【渡辺慎太郎の独り言】」の7枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「新型車ラッシュのSUVは一過性のブームで終わるのか 【渡辺慎太郎の独り言】」の7枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「新型車ラッシュのSUVは一過性のブームで終わるのか 【渡辺慎太郎の独り言】」の7枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「新型車ラッシュのSUVは一過性のブームで終わるのか 【渡辺慎太郎の独り言】」の7枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「新型車ラッシュのSUVは一過性のブームで終わるのか 【渡辺慎太郎の独り言】」の7枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「新型車ラッシュのSUVは一過性のブームで終わるのか 【渡辺慎太郎の独り言】」の7枚目の画像ギャラリーへのリンク