「ルノー メガーヌR.S. ウルティム」東京オートサロン2023で世界初公開

1976台限定「メガーヌR.S. ウルティム」はルノー・スポールの最後を飾る1台?

ルノー・スポールの名前「R.S.」を冠した最後のモデルとなる、「メガーヌR.S. ウルティム」。
ルノー・スポールの名前「R.S.」を冠した最後のモデルとなる、「メガーヌR.S. ウルティム」。
ルノーは、メガーヌR.S. トロフィーをベースとした1976台の限定モデル「メガーヌR.S. ウルティム」を発表した。メガーヌR.S. ウルティムはルノー・スポール(R.S.)名を冠した最後のモデルとなり、2023年1月13日から開催される東京オートサロンにおいてワールドプレミアされた。

Renault Megane R.S. Ultime 

ルノー・スポールからアルピーヌへ

「ルノー メガーヌR.S. ユルティム」のエクステリア。
ルノー・グループは、スポーツモデル&モータースポーツを「アルピーヌ」に一本化することを決めており、1976年から続く「ルノー・スポール」は、このメガーヌR.S. ウルティムで終止符が打たれることになる。

メガーヌR.S. ウルティムは、現行メガーヌR.S.シリーズの最後となるだけでなく、「Renault Sport(ルノー・スポール)」のロゴを採用した最後のモデルとなる。今後、ルノー・グループのスポーツカーブランドであるアルピーヌが、ルノー・スポールの役割を引き継ぐことが決まっている。

エクステリアデザインは、ルノーの新たなロゴからインスピレーションを得たダブルダイヤモンドや専用グラフィックなど、ルノー・スポールのビジュアルマークをフィーチャーした。

専用ストライプはルーフとボンネット(オプションのサンルーフ装着車を除く)、リヤバンパー、ドア、フェンダーに配置。ボディカラーは標準のスターブラックに加えて、パールホワイト、シリウスイエロー、トニックオレンジなど、ルノー・スポールを象徴するカラーを復活させている。またボディ右サイドのストライプには、ルノー・スポールの設立年である1976年の文字がさりげなく刻まれた。

フロントフェンダーは60mm、リヤフェンダーは45mm拡幅化。また、サイドエアベント、「R.S.」ビジョンヘッドランプ、センターエキゾースト、シャークフィン・アンテナ、スポイラー、リヤディフューザーを装備。ロゴ、ドアハンドル、ウィンドウフレーム、ホイール、ナットカバー、フェンダーキャップ、リヤディフューザー、フロントバンパーF1ブレード(「Ultime」専用モノグラム付き)などのディテールが、ブラックで統一されている。

ロラン・ウルゴンのサインが入れられたコクピット

「ルノー メガーヌR.S. ユルティム」のコクピット。
ブラックで纏められたレーシーなコクピットにはレカロ製バケットシート配置。シフトノブ後方のシリアルナンバー入り専用プレートには、開発を担当したロラン・ウルゴンのサインが入れられている。

コクピットには、チタンブラック・アルカンターラのレカロ製バケットシートと「R.S.」モノグラムの刺繍を標準装備。専用のハンズフリーキーカードは、ストライプのダイヤモンドパターンが入れられた。

専用ドアシルプレートに加えて、コンソール下部に配置されたシフトレバー付近には、シリアルナンバー入りメタルプレートを装着。このプレートには、メガーヌR.S.の開発に携わり、現在ニュルブルクリンク、鈴鹿、スパ・フランコルシャンのラップ記録を持つ、開発ドライバーのロラン・ウルゴンによるサインが入れられている。

これまで、メガーヌR.S.で数々の記録を打ち立ててきたウルゴンは、メガーヌR.S. ウルティムについて次のようにコメントしている。

「メガーヌR.S.は、私のルノー・スポールにおける15年間の仕事を象徴しています。メガーヌIIのフェーズ2以降、前輪駆動のスポーツカーのリーダーであり続けるため、絶えずそのダイナミックなパフォーマンスを向上させてきました」

「ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェでのラップ記録は、情熱、アドレナリン、感動に満ちた忘れられない挑戦を象徴しています。そして今、メガーヌR.S. ウルティムという、この素晴らしい物語の頂点に立つバージョンにサインできることを、私は特に誇りに思います」

もはやホットハッチとは呼べないほどのパフォーマンスを備えるシビック・タイプRとメガーヌR.S.。日本市場での価格はシビック・タイプRに分がある。

永遠のライバル「ホンダ・シビック・タイプR」と「ルノー・メガーヌR.S.」をスペックから冷静に比較する

「FF最速」の称号をかけて争う、自他ともに認めるライバルといえば、ホンダ・シビック・タイプR…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部