巨大キドニーグリルが圧巻のBMWブースは見所満載【東京オートサロン2023】

「Mパフォーマンスパーツの高品質な世界」BMWブースでMパフォーマンスを体感【東京オートサロン2023】

インパクトあるブースデザイン。かつてない大きさでBMWデザインの象徴であるキドニーグリルを模したインパクト抜群のブースだ。
インパクトあるブースデザイン。かつてない大きさでBMWデザインの象徴であるキドニーグリルを模したインパクト抜群のブースだ。
新年恒例となったカスタムカーの祭典「東京オートサロン2023」が幕張メッセで開幕した。今回初出展となるBMWは東ホールにブースを出展。東京オートサロン 2023 BMW 限定仕様となる「M4 Competition M xDrive」のほか、「BMW M パフォーマンス・パーツ装着デモカー」やSuperGTに参戦する「M3 GT3」など見所盛りだくさんの内容だ。

様々なMパフォーマンスパーツ装着車

今回展示された車両は5台。BMW 純正のチューニング・パーツである「BMW M パフォーマンス・パーツ」を纏ったデモカー「東京オートサロン 2023 BMW 限定仕様M4 Competition M xDrive」「M3 Sedan Competition M xDrive」「M240i xDrive」のほか、2022年のSUPER GT GT300 クラスに参戦した「M4 GT3」も展示される。さらに本邦初公開となるモーターサイクル「BMW Motorrad M 1000 R M Competition Package」も展示されている。

東京オートサロン 2023 BMW 限定仕様となるM4とは、昨年発表されたGT4レース仕様のM4のオフィシャルのワークスカラーリングが施された「M4 Competition M xDrive」で、様々なカーボンエアロパーツを中心としたMパフォーマンスパーツが装着されている。特にリヤ・スポイラー・カーボン・ウイング(48万9500円)は見た目のインパクトもすごいが、高いダウンフォースが期待できそうだ。

メーカー純正チューニングパーツであるMパフォーマンス・パーツは単なるアクセサリーではない。車両開発と同時に風洞実験によって徹底的に鍛えられたエアロダイナミクス性能、安全性など、BMWの厳しい基準をクリアするだけでなく、BMWが100%自社製品にマッチしたカーアクセサリーのクオリティの高さを持っているのだ。ぜひ会期中の幕張メッセに足を運んでその出来映えをチェックして欲しい。

工夫が施された展示

Mパフォーマンスパーツをふんだんに装着した「M3 Sedan Competition M xDrive」の裏にはパーツを標本のように並べた展示もある。会場に展示されたM3/M4に装着されたパーツをこうして並べると、非常にわかりやすいとともに、まるでプラモデルのようで親しみが湧いてくる。

Mパフォーマンスパーツを装着した「M240i xDrive」には、純正パーツの有用性が謳われている。車両の後方には普段目にすることのない様々な純正パーツが展示されており、BMWのパーツ一つひとつに対する真剣な作り込みを目の当たりにできる。

2022年のSUPER GT GT300 クラスに参戦し、第3戦鈴鹿サーキットで優勝を飾った「M4 GT3」も迫力のスタイリングを間近でチェックするチャンスだ。サーキットでは遠くからしか拝めない、レーシングカーをこの距離で見られるチャンスはそうないだろう。

スポーツバイク「Motorrad M 1000 R M Competition Package」が本邦初公開された。M 1000 Rの「M」はM3/M4と同様にM社の意味を持っており、シフトカムと呼ばれる可変カムを採用することで最高出力を従来の165PSから210PSにまで高めるなど高性能されている。随所にカーボンパーツを採用することで車重を192kgにまで低減したという。

ド派手な超巨大キドニーグリルは圧巻

今回の「東京オートサロン2023」におけるBMWブースは、BMWのデザインの象徴であるキドニーグリルを、かつてない大きさで模したインパクトあるデザインだ。M3/M4の巨大キドニーグリルを彷彿させるブースそのものが目玉と言っていいだろう。

さらに東京オートサロン2023出展記念として「SNSフォロー&ハッシュタグ」キャンペーンを実施している。ツイッターやInstagramのBMW Japan公式SNSアカウントをフォローの上、オートサロン会期中にBMWブースのキドニーグリルを撮影し、「#Mパフォーマンス #tas2023bmw」をつけて、フォローしたSNSに投稿すると、「BMW M MotorSport」のキャップやリュックサックが抽選で150名にプレゼントされるという。

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部