ルノー・スポールの最終章「メガーヌ R.S. ウルティム」【東京オートサロン2023】

最後のルノー・スポール「メガーヌR.S. ウルティム」は日本のオートサロンが世界初公開!【東京オートサロン2023】

東京オートサロン2023、ルノー・アルピーヌ
ルノー・ジャポンは、メガーヌ R.S. ウルティムの実車を世界に先駆け東京オートサロンでワールドプレミアした。
2023年1月13日(金)から15日(日)にかけ、千葉県の幕張メッセを会場とする「東京オートサロン2023」がスタートした。様々なドレスアップカーやチューニングカーなど多彩なカスタムカーが勢ぞろいするなか、ルノー・ジャポン及びアルピーヌ・ジャポンも出展ブースを展開。ルノー・スポールの最終モデル「メガーヌR.S.ウルティム」を世界に先駆け初公開した。

Renult Megane R.S. ULTIME

1976台限定の「THE FINAL」

東京オートサロン2023、ルノー・アルピーヌ
メガーヌ R.S. ウルティムは1976台のみの限定生産。車名に「ルノー・スポール」が冠されるモデルとしては最終となる。

フロントエンジン・フロント駆動(FF)の市販車として、ニュルブルクリンク北コースの最速ラップ記録を度々更新してきたルノーきっての過激モデル「ルノー・スポール」。ルノーグループのスポーツモデルがアルピーヌブランドへ移管されるに伴い、「ルノー・スポール」を車名に冠するモデルはついに終焉を迎える。それが先日デジタル上で発表された「メガーヌ R.S. ウルティム」だ。

ルノー・スポールの設立年にちなんで1976台のみの限定生産となる「メガーヌ R.S. ウルティム」は、東京オートサロン会場にてルノー・ジャポン小川社長の手によりアンベール。さらに開発ドライバーとして尽力してきたロラン・ウルゴン氏が会場でスピーチを行った。

「メガーヌ R.S. ウルティム」は、コーナリングスピードの向上を目的にロールを抑えたシャシー、トルセンLSD、前輪アルミ製ハブ/鋳鉄製スリット入りブレーキディスクなど、クローズドコースでのスポーツ性能を高めたメガーヌ R.S. トロフィーの性能と装備を継承。さらにエクステリアでは、ルーフとボンネットにロザンジュをモチーフとしたブラックマットストライプとブラックアウトされたロゴを配し、同じくブラックの「フジライト」ホイールの採用など、スポーティさを強調したエクステリアデザインを実現している。

さらにルノー・スポールの最終モデルを記念し、センターコンソールにはロラン・ウルゴン氏のサインが備わるのもトピックのひとつ。このファイナルモデルに相応しい装備を誇る「メガーヌ R.S. ウルティム」は2023年の春頃に国内へ導入予定で、車体価格は600万円台になる模様。正式な導入台数は今後発表される見込みだ。

アルピーヌ A110 Rも会場にディスプレイ

東京オートサロン2023、ルノー・アルピーヌ

また、ルノー・ジャポン&アルピーヌ・ジャポンの出展ブースには、昨年発表されたアルピーヌ A110 Rも展示。リヤウインドウの代わりにカーボンパネルを備えた独特のリヤビューに加え、専用のカーボンホイールなど見るからに走行性能を突き詰めたアピアランスは、間近で見るほどに新たな発見がある。

ちなみにA110 Rの国内導入時期は2023年の春から初夏にかけてになる様子。アルピーヌブランドは今後、電動モデルに収束されていく予定であり、A110 Rはそれまで生産を継続していく予定だが、今後何台製造されるかはアナウンスされていないので、いきなり生産終了する可能性もなくはない。

アルピーヌ A110 Rが気になる人は、日本でただ1台のみの実車展示で是非チェックすることをお勧めすしたい。

今回乗った3台は、それぞれキャラクターも価格も被らずに見事に分かれていた。いずれも魅力的なクルマ達ばかりだった。

【荒聖治の2023新春サーキットテスト】3台走らせてコンパクトスポーツカーの愉しみをまとめる

今やスーパースポーツならずとも400PSを超える高出力を持つ時代だ。駆動方式もボディ形状も多…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部