ツーリングイベント「ツアー・プリヴェ」も開催

ロールス・ロイス、サロン・プリヴェで「ブラック・バッジ レイス」と「ブラック・バッジ カリナン」を披露

ロールス・ロイス、2021年のサロン・プリヴェで「ブラック・バッジ レイス」と「ブラック・バッジ カリナン」を公開
ロールス・ロイスが2021年のサロン・プリヴェで公開予定の「ブラック・バッジ レイス」と「ブラック・バッジ カリナン」
9月1日から5日まで、英国・オックスフォードシャー州のブレナム宮殿で開催される「サロン・プリヴェ(Salon Prive)」に、ロールス・ロイスが公式参加。今回、ブラック・バッジ レイスとブラック・バッジ カリナンの2台を公開する。

Rolls-Royce Black Badge Cullinan / Black Badge Wraith

極上の美学をアピールする「ブラック・バッジ」

ロールス・ロイス、2021年のサロン・プリヴェで「ブラック・バッジ レイス」と「ブラック・バッジ カリナン」を公開
サロン・プリヴェで公開される「ブラック・バッジ レイス」はアイスプルミエール・シルバーのボディカラーに、鮮やかなムジェロ・レッドのインテリアが組み合わせられた。

2016年に発表されたブラック・バッジは、ロールス・ロイスが展開するスーパーラグジュアリー仕様。ビスポーク部門によるパーソナライゼーションが、デザインスタジオからエンジニアリングセンターにまで及んだ初めてのケースでもある。

このビスポークシリーズは、レイス、ドーン、カリナンにラインナップされており、独自の美学と高度にモダンななインテリア素材を組み合わせることで、ダイナミックな個性を表現。2021年のサロン・プリヴェでは、ブラック・バッジ レイスとブラック・バッジ カリナンの2台が公開される。

ブラック・バッジ カリナンは、エクステリアに極めて現代的なビスポークカラー「ヴェルデ・エルメス・グリーン」をチョイスした。さらにダーククロームのスピリット・オブ・エクスタシー、ブラックニングされたステンレススチール製エクステリア・トリートメント、部分ポリッシュされた22インチ・ブラック・バッジ専用ホイールが、その個性をアピールする。インテリアはシートにハバナ・トリムを採用。タンレザー・パネルとシートパイピングに、カシミアグレーのアクセントが組み合わされた。 

ブラック・バッジ レイスは、大胆なアイスプルミエール・シルバーのエクステリアにダーククロームのスピリット・オブ・エクスタシーと、パート・カーボンファイバー製21インチ・ブラック・バッジ専用ホイールを採用。モノカラーでまとめることにより、エレガントな雰囲気を纏う。インテリアにはダークカラーのエクステリアと対照的に、鮮やかなムジェロ・レッドが施される。

ツアー・プリヴェを最新モデルのゴーストが先導

ロールス・ロイス、2021年のサロン・プリヴェで「ブラック・バッジ レイス」と「ブラック・バッジ カリナン」を公開
サロン・プリヴェに併せて開催されるツーリングイベント「ツアー・プリヴェ」は、最新モデルのゴーストが先導する。

2021年のサロン・プリヴェでも、ロールス・ロイスによる「ツアー・プリヴェ(Tour Prive)」を開催。ロールス・ロイスの最新モデル・ゴーストが先導し、コッツウォルズを舞台に120マイルのツーリングツアーを実施する予定だ。

今回のサロン・プリヴェでは、英国のショールーム・スペシャリストが手掛けたゴーストとファントムのビスポークコンセプトも世界初公開される。英国の名所や文化などをフィーチャーした7つのデザインスタディは、ロールス・ロイスの卓越したビスポーク能力を証明するものとなる。サロン・プリヴェのロールス・ロイスVIPエリアでは、これらのビスポーク仕様のデザインレンダリング、レザー見本、塗装サンプルをゲストは間近で確かめることができるという。

また、会場ではドーンとゴーストも持ち込まれ、ゲストはテストドライブを楽しむこともできる。

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部