フライングスパーとベンテイガに新搭載

ベントレー、後席専用システム「ベントレー・リヤ・エンターテインメント」を導入

ベントレー、後席専用エンターテインメントシステム「ベントレー・リヤ・エンターテインメント」を導入
ベントレー・リヤ・エンターテインメントの使用イメージ
ベントレーは、新たに開発された後部座席用エンターテインメントシステム「ベントレー・リヤ・エンターテインメント(Bentley Rear Entertainment)」を発表した。フライングスパーとベンテイガに対応し、フロントシート背面に高解像度ツインスクリーンを搭載する。

AmazonプライムやNetflixも視聴が可能

ベントレー、後席専用エンターテイメントシステム「ベントレー・リヤ・エンターテイメント」を導入
ベントレーは新たに「Bring Your Own Device」コンセプトを導入。自身のスマートフォンやタブレットとベントレー・リヤ・エンターテインメントを接続することで、様々なエンターテインメントを楽しめるようにした。

ベントレーは、フライングスパーとベンテイガに新開発のリヤシート・エンターテインメントシステムを導入する。「ベントレー・リヤ・エンターテインメント」は、柔軟性の高いシステムを導入。最新のコネクテッドテクノロジーに対応しながら、すでに両モデルで好評を博しているオーディオシステム「ネイム・フォー・ベントレー(Naim for Bentley)」とも組み合わせた。

独自の「Bring Your Own Device(自分のデバイスを車内に)」コンセプトにより、カスタマー自身のスマートフォン/コンピューター/タブレットなどとWi-Fiを介して接続することで、コンテンツを簡単にストリーミングすることができる。

OSに関しては、iOSとAndroidに対応。モバイルデバイスと、ベントレー・リヤ・エンターテインメントが同じWi-Fiネットワークに設定されていれば、選択したアプリ(Amazonプライム、Disney+、Youku、Apple TVなど)のコンテンツを操作し、車両のタッチスクリーンで視聴することが可能。また、Netflixがシステムにプレインストールされている。

2基の10.1インチ高解像度スクリーンを搭載

ベントレー、後席専用エンターテイメントシステム「ベントレー・リヤ・エンターテイメント」を導入
フロントシートの背面には、2基の10.1インチ高解像度スクリーンを搭載。それぞれのディスプレイは車両から取り外し、タブレットとしても使用することができる。

最高のエンターテインメント体験を提供するために、2基の高精細・高解像度10.1インチスクリーンをフロントシート背面に配置。このスクリーンはタブレットとして取り外しが可能で、最大解像度1920×1080ピクセルの鮮明なグラフィックにより、移動中でも美しい映像を楽しむことができる。

サウンドはBluetoothを介して、付属のヘッドフォンかカスタマー自身のヘッドフォンにストリーミングすることが可能。また、無線ネットワークを利用したソフトウェアアップデートにより、常に最新のシステムを使用することができる。

ベントレー モーターズのエンターテインメント/エレクトロニクス担当ディレクターのイヴォ・ムートは、ベントレー・リヤ・エンターテインメントについて、次のようにコメントした。

「新たな『ベントレー・リヤ・エンターテインメント』は、使いやすさと洗練されたデザイン、そして機能性を兼ね備えています。リヤシートのパッセンジャーは、没入感のあるシステムを介して、様々なエンターテインメントにアクセスすることができます。このシステムは、世界中のほぼすべてのメディアやストリーミングコンテンツ、デジタルエンターテインメントサービスに対応しており、リヤシートを自分だけの映画館に変えてくれるでしょう」

「新たなコンセプト『Bring Your Own Device』は、お客様がお持ちのデバイスとシームレスに繋げることで、高解像度10.1インチスクリーンと驚異的なサウンドクオリティを提供します。ベントレー・リヤ・エンターテインメントは、特別な旅をサポートする、私たちからの提案となります」

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部