グッドウッド・リバイバルでワールドプレミアされるレストモッド

GTOエンジニアリング、ヒストリックフェラーリ復刻シリーズ「カリフォルニア スパイダー リバイバル」を公開

GTOエンジニアリングのヒストリック復刻シリーズ最新作、「カリフォルニア スパイダー リバイバル」を公開
GTOエンジニアリング カリフォルニア スパイダー リバイバルの走行シーン
英国・バークシャー州トワイフォードを拠点に、クラシック・フェラーリのレストア、整備、パーツ供給、イベントサポートなどを行う「GTOエンジニアリング(GTO Engineering)」は、グッドウッド・リバイバルにおいて、同社のリバイバルシリーズの第3弾となる「カリフォルニア スパイダー リバイバル」を発表する。

GTO Engineering California Spyder Revival

1960年製カリフォルニア スパイダーを復刻

GTO エンジニアリングのヒストリック復刻シリーズ最新作、「カリフォルニア スパイダー リバイバル」を公開
これまで、フェラーリ 250 SWB 、250 TRを復刻してきたGTOエンジニアリング。今回、第3弾として「カリフォルニア スパイダー リバイバル」を発表した。

カリフォルニア スパイダー リバイバルは、フェラーリの中でも最も象徴的なモデルのひとつであるカリフォルニア スパイダーを現代に蘇らせた車両となる。内外装は当時と同じようにカスタマーの要望に応じて自由にカスタマイズ可能だ。

1960年製「フェラーリ 250 SWB カリフォルニア スパイダー」をベースに、手作業で作られたツールルームコピーは、2021年9月17日から19日まで開催されるグッドウッド・リバイバルにおいてGTOエンジニアリングが展開する「Over the Road」スタンドで世界初公開される予定だ。

ピニンファリーナがデザインし、スカリエッティが完成させたカリフォルニア スパイダーは、マラネッロが手掛けた最高のコラボレーションのひとつ。SWBとLWBで合計106台が生産され、現在ではフェラーリのヒストリックカーのなかでも、最も希少なモデルとなっている。オリジナルの車両は限られたコクレターが保有しており、コンディションの良い個体を手に入れるのは至難の技だと言えるだろう。

3種類のV8エンジンからチョイスが可能

GTO エンジニアリングのヒストリック復刻シリーズ最新作、「カリフォルニア スパイダー リバイバル」を公開
エンジンは3.0リッターから4.0リッターまで、3種類のフェーリ製V型8気筒エンジンをラインナップする。

GTOエンジニアリングが開発したカリフォルニア スパイダー リバイバルは、エンジンやギヤボックスのアップグレード、内外装のカラーオプションなど、豊富なカスタマイズメニューが用意された。パワーユニットは3.0リッター、3.5リッター、4.0リッターV型8気筒エンジンを搭載。これに標準の4速マニュアル、またはオプションの5速マニュアルギヤボックスが組み合わされる。

GTOエンジニアリングが品質とディティールを徹底的にこだわったパーツを使用し、1台あたり1500時間以上かけてハンドメイドで製造される。また、ソフトトップを採用したオープンモデルにもかかわらず、オリジナル仕様よりも高い剛性レベルを確保。細部にまで配慮したアップグレードが施された。

ハンドメイドで仕上げられる極上のディテール

GTO エンジニアリングのヒストリック復刻シリーズ最新作、「カリフォルニア スパイダー リバイバル」を公開
エクステリアやインテリアは、オーナーの好みに応じて自由なカスタマイズが可能。マラネッロが残した遺産をリスペクトしつつ、様々なエリアが現代の使用状況に合わせてアップグレードされている。

この伝説的なスポーツカーのリバイバルを開発するにあたり、GTOエンジニアリングは慎重に検討を重ね、象徴的かつ希少な1960年製250 SWB カリフォルニア スパイダーを復活させることを決定した。開発チームはマラネッロが残した遺産をリスペクトしつつ、品質と製造基準を現代に合わせてアップグレードしている。

そして、ハンドメイドで成形されたアルミニウム製のボディ、高級レザーで仕上げられたインテリア、オリジナルスタイルのホーンを備えたビンテージスタイルの木製小径ステアリングホイールなど、そのこだわりはあらゆるエリアに及んだ。

GTOエンジニアリングの創業者であり、マネージングディレクターを務めるマーク・ライオンは、カリフォルニア スパイダー リバイバルの完成度に自信をのぞかせる。

「リバイバルシリーズの最新作、カリフォルニア スパイダー リバイバルを公開できることをたいへん嬉しく思います。カリフォルニア スパイダーは1960年代のフェラーリを代表するロードカーのひとつであり、250 SWBリバイバルや250 TRリバイバルの成功を受けて、ここ数年をかけて開発してきました。これまでのリバイバルシリーズと同様、より多くのオーナーの皆様と一緒に夢のクルマを作り上げることを楽しみにしています」

カリフォルニア スパイダー リバイバルは、仕様により75万ポンドから85万ポンドで販売。2021年末から最初のカスタマーへのデリバリーが開始される。

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部