K-PAXレーシングがランボルギーニ ウラカン GT3 EVOで連勝

ランボルギーニ 、サーキットで絶好調! GTワールドチャレンジ・アメリカで2連勝を達成!

GTワールドチャレンジ・アメリカ第9戦/第10戦、ランボルギーニ ウラカン GT3 EVOが2連勝達成
GTワールドチャレンジ・アメリカ第9戦/第10戦のレースシーン
9月17~19日、ニューヨーク州ワトキンズグレンのワトキンズグレン・インターナショナルにおいて、2021年シーズンの「GTワールドチャレンジ・アメリカ(GT World Challenge America powered by AWS)」第9戦/第10戦が開催。K-PAXレーシングのランボルギーニ ウラカン GT3 EVOが、見事2連勝を飾った。

Lamborghini Huracan GT3 EVO

K-PAXレーシング3号車がポールトゥウイン

GTワールドチャレンジ・アメリカ第9戦/第10戦、ランボルギーニ ウラカン GT3 EVOが2連勝達成
予選でポールポジションを獲得した3号車は、アンドレア・カルダレッリ(写真)とジョーダン・ペッパーが第9戦も危なげなく勝利。タイトルに向けて、大きな勝利を手にした。

ランボルギーニのファクトリードライバー、アンドレア・カルダレッリとジョーダン・ペッパーのコンビは、K-PAXレーシングのランボルギーニ ウラカン GT3 EVOをドライブし、第9戦と第10戦で連勝を達成。セブリングで開催されるシーズン最終戦を前に、タイトル獲得に向けて大きく前進した。

3号車のカルダレッリとペッパーは、プラクティスセッションを2番手で終え、好調なレースウイークのスタートを切った。2回の予選では、チームメイトの6号車をドライブするコーリー・ルイスとジョバンニ・ヴェントゥリーニを僅差で上回り、ポールポジションを獲得している。

第9戦、スタートドライバーを担当したペッパーは、序盤こそBMW M6 GT3をドライブするマイケル・ディナンの猛烈な追い上げを受けたものの、僅差のリードを確保。ドライバー後退後も、カルダレッリが素晴らしい走りを披露して、BMWに9.391秒の差をつけてフィニッシュした。

ウラカン GT3 EVOが1-2フィニッシュ

GTワールドチャレンジ・アメリカ第9戦/第10戦、ランボルギーニ ウラカン GT3 EVOが2連勝達成
第10戦もポールからスタートした3号車が余裕のトップフィニッシュ。さらにK-PAXレーシングの6号車も破竹の追い上げで2位に入り、1-2フィニッシュを達成した。

第10戦もカルダレッリが好スタートを切り、ライト・モータースポーツのポルシェ911 GT3 Rで参戦するヤン・ヘイランを抑えてレース序盤をリードする。ピットストップ後、一時的にポルシェにリードを奪われたものの、ペッパーは冷静にフレッド・ポーダッドをオーバーテイクし、再度トップに立った。

第9戦はトラブルから9位に終わった6号車のルイスとヴェントゥリーニは、第10戦でも序盤にライバルとの接触に見舞われてしまう。しかし、レース終盤にセンセーショナルな追い上げ披露し、3号車に1秒941差の2位でフィニッシュ。K-PAXレーシングが見事、1-2フィニッシュを達成した。

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部