アストンマーティンが英国政府系団体から獲得した大規模な研究開発費の使い道とは? | 2枚目の写真(全3枚)

「アストンマーティンが英国政府系団体から獲得した大規模な研究開発費の使い道とは?」の1枚目の画像 今回、アストンマーティンに対して、英国政府が立ち上げた先端推進システム技術センター(APC)から、大規模な投資が決定した。
「アストンマーティンが英国政府系団体から獲得した大規模な研究開発費の使い道とは?」の2枚目の画像 APC=Advanced Propulsion Centre UK(先端推進システム技術センター)は、アストンマーティンが主導する「プロジェクト・エレベーション」へのサポートを決めている。
「アストンマーティンが英国政府系団体から獲得した大規模な研究開発費の使い道とは?」の3枚目の画像 2024年、アストンマーティン初のプラグインハイブリッド・ハイパースポーツ「ヴァルハラ」のデリバリーを開始、2025年には新型BEVが投入される予定だ。
  • 「アストンマーティンが英国政府系団体から獲得した大規模な研究開発費の使い道とは?」の1枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「アストンマーティンが英国政府系団体から獲得した大規模な研究開発費の使い道とは?」の2枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「アストンマーティンが英国政府系団体から獲得した大規模な研究開発費の使い道とは?」の3枚目の画像ギャラリーへのリンク