【WEC】マクラーレンがユナイテッド・オートスポーツとのタッグで耐久レースに復帰

「25年ぶりにル・マン参戦」マクラーレンが2台の「720S GT3 Evo」で来シーズンのWECに参戦

マクラーレンは、新たにGT3で争われる「LMGT3」クラスに2台の「720S GT3 Evo」を投入する。
マクラーレンは、新たにGT3で争われる「LMGT3」クラスに2台の「720S GT3 Evo」を投入する。
マクラーレン・オートモーティブは、2024年シーズンのFIA世界耐久選手権(WEC)に新設されるLMGT3クラスに、2台の「720S GT3 Evo」でエントリー。チーム運営は豊富な耐久レース参戦経験を持つ英国のユナイテッド・オートスポーツ(United Autosports)が担当する。

McLaren 720S GT3 Evo

「59」と「95」のレースナンバーを採用

1998年以来の耐久選手権復帰を果たすマクラーレンは、2台のレースナンバーに1995年のル・マン制覇をオマージュした「59」と「95」を選択した。
1998年以来の耐久選手権復帰を果たすマクラーレンは、2台のレースナンバーに1995年のル・マン制覇をオマージュした「59」と「95」を選択した。

マクラーレン・オートモーティブは、2024年シーズンのWECにエントリーを決定。パートナーのユナイテッド・オートスポーツがレース運営を担当し、2台の720S GT3 EvoでLMGT3クラスに参戦する。2024年WECは3月2日にカタールで開幕し、第4戦として開催されるル・マン24時間レースにマクラーレンが参戦するのは、実に1998年以来となる。

マクラーレンの耐久レースへの復帰を記念して、エントリー車両には1995年にル・マン24時間を制したマクラーレン F1 GTRのレースナンバーである「59」と、記念すべき優勝年の「95」をチョイス。現時点で59号車はグレゴワール・ソーシー、95号車は佐藤万璃音がドライバーとして発表された。

マクラーレン・オートモーティブのマイケル・ライターズCEOは耐久レースへの復帰について、次のようにコメントした。

「2024年シーズンのWECに参戦することが決定し、激しいコンペティションが予想されているLMGT3クラスに我々のマシンがエントリーすることを嬉しく思っています。モータースポーツはマクラーレン・ブランドの根幹をなすものです。私たちはサーキットで培った技術を駆使してスーパースポーツを開発し、お客様が期待する最高のパフォーマンスを実現しています」

「ユナイテッド・オートスポーツをレーシング・パートナーに指名した理由もそこにあります。彼らは耐久レースカテゴリーにおいて、これまで高い評価を得てきました。720S GT3 Evoがル・マン24時間レースを走る姿を見るのが今から楽しみです」

2024年シーズンに向けたテストも開始

ユナイテッド・オートスポーツは2024年シーズンの開幕に向けて、720S GT3 Evoでのテストを開始。間もなく、残りのドライバーラインアップも発表される見込みだ。
ユナイテッド・オートスポーツは2024年シーズンの開幕に向けて、720S GT3 Evoでのテストを開始。間もなく、残りのドライバーラインアップも発表される見込みだ。

2024年シーズンのWEC開幕戦「カタール1812kmレース」の段階では、ユナイテッド・オートスポーツの2台のみがエントリー。第4戦ル・マン24時間レースからは、カスタマーチームのインセプション・レーシングが720S GT3 Evoで参戦を予定している。

ドライバーのブレンダン・イリベは、2023年シーズンのIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のGTDクラスにおいて、ブロンズ・ドライバーのランキングトップに贈られる「ボブ・エイキン賞」を受賞しており、ル・マン24時間レースへのエントリー権を獲得したかたちだ。

WECにおけるマクラーレンのワークス格となるユナイテッド・オートスポーツは、2020年シーズンにル・マン24時間レースのLMP2クラスで優勝を経験。チームはすでに2024年シーズンに向けた準備を開始しており、720S GT3 Evoでのテストプログラムを進めている。ユナイテッド・オートスポーツのリチャード・ディーンCEOはマクラーレンとのタッグに興奮を隠さない。

「ユナイテッド・オートスポーツとマクラーレンのタッグで、2台体制でのWEC参戦が決定したことを、誇らしく思い、そして感謝しています。マクラーレンを代表して世界選手権に参戦できること、そしてル・マン24時間レースに復帰できることも素晴らしいニュースです。これはWECとマクラーレンが、私たちのプロジェクトへと信頼を寄せてくれていることの証です。私たちはその信頼にサーキットでの結果で応えようと決意しています」

AFコルセのフェラーリ 488 GTE Evo 54号車が、最終戦バーレーン8時間で4位入賞。シリーズランキングで3位を獲得した。

WEC最終戦で「フェラーリ 488 GTE Evo」54号車が4位入賞しチームズとドライバーズ選手権3位獲得

11月4日、バーレーン・インターナショナル・サーキットにおいて、FIA世界耐久選手権(WEC…

キーワードで検索する

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部