テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

TOP > 自動車業界の求人 > 検索結果一覧 > システム/ソフトウェア開発エンジニア <二輪 & パワースポーツ向け>

システム/ソフトウェア開発エンジニア <二輪 & パワースポーツ向け>

求人企業名:ボッシュ株式会社

年収 400万円〜800万円
勤務地 神奈川県横浜市
職務内容 ■モーターサイクル・パワースポーツ部門において二輪 & パワースポーツ向け製品のシステム/ソフトウェア開発エンジニアを担当していただきます。

【具体的には】
・二輪用先進運転支援システム開発
・車両周辺センシングのソフトウェア/機能開発
・二輪用ABSのシステム/機能開発
・他部署との使用検討および調整
担当製品 モーターサイクル・パワースポーツ
マネジメント 無し
英語 海外拠点とのやり取り、社内MTG等で頻繁に使用します。
必要な経験・資格 【必須要件】
■自動二輪免許/乗車経験
■ソフトウェアに関する開発・制御のご経験
■英語 ビジネスレベル
雇用条件
  • 雇用形態: 正社員
  • 転勤の有無: 場合により有
  • 就業時間: 9:00〜18:00
  • 給与形態: 月給制
福利厚生 寮、社宅、退職金制度、財形貯蓄制度、社員持株制度、保養所、住宅資金融資制度、研修センター、スポーツセンター、サークル活動
教育・研修制度 自己啓発プログラムサポート (語学研修、TOEIC、各種通信教育プログラム)、リーダーシップ/マネジメント研修、専門領域教育 など
企業情報 【概要・特徴】
年間売上高10兆円超を誇る世界最大の自動車システムメーカー「BOSCH」の日本法人。グローバルでは、ドイツに本拠を構え、約39万人の従業員を擁しています。1886年の創業以来、数々の世界初の技術を生み出しており、エアバッグ、トランスミッション、ABS、ディーゼルハイブリッドエンジン、排ガス後処理システムなどの多岐にわたる革新的技術を開発しています。日本法人は、自動車用パーツの開発・製造・販売のほか、自動車用補修パーツや電動工具も取り扱っており、ドイツに次ぐ開発拠点として重要なポジションにあります。近年では製品の開発・製造・販売のみでなく、車両診断システム、農業用AIソリューション等、サービス事業への進出も積極的に行っております。

【研究開発体制】
世界に約120ヵ所の開発拠点を有し、研究開発費に70億ユーロ以上を投資しています。全世界で3,800件以上もの特許を出願しており、その数はドイツでは毎年1位、世界でも5位を誇っています。日本の開発センターでは、ディーゼルシステム、ガソリンシステム、ブレーキシステム、電子制御製品、ソフトウェアなどの先進技術開発を行っています。日本市場で成長を加速させるため、日本が強みを持つ自動運転に積極的に投資を行っています。自動運転の実現に向けたテスト運転を行っており、ドライバーを補助する環境センサーやビデオカメラの開発・製造、パーキング・アシスタントの開発などにも着手しています。

【福利厚生】
育児休暇取得率(2年まで延長可能)は100%、有給取得率も95%以上です。

【日本国内に有する施設】 工場/テストセンター/テストコース/研究開発
おすすめポイント 同部門は、グローバルの中でも本社機能を有しており、要素開発など上流工程に携われる点が魅力です。
業界でも高い優位性を誇る同部門で、ご自身のスキルを活かされてみませんか。
お問い合わせ番号 175958

関連求人情報

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス