Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • Motor-Fan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. TECHキャリア|自動車業界求人
  3. 検索結果一覧
  4. ユニット部品を考慮したエンジン周辺部品の最適構造開発

ユニット部品を考慮したエンジン周辺部品の最適構造開発

求人企業名:トヨタ自動車株式会社

年収 経験能力考慮の上優遇
勤務地 愛知県豊田市
職務内容 ■ユニット部品を考慮したエンジン周辺部品の最適構造開発として以下の業務をご担当頂きます。

【具体的には】
・ユニット部品を考慮したエンジン周辺部品の最適構造開発
・ユニット部品の知識を基にした、エンジン周辺部品の構造開発
・ユニット部品設計部署へのユニット部品に対する技術提案

■職種の特色
FCV,HV/PHV,EV等のユニット部品(※1)の知識をもとに、エンジン周辺部品(※2)の設計ができ、かつ、ユニット部品の設計部署に対して、技術提案が出来る即戦力人材を求めています。
(※1) ユニット部品:エンジン、ドライブトレイン、ハイブリッドシステムなど
(※2) エンジンシ周辺部品:冷却系部品、吸気・排気系部品、エンジンマウント、燃料系部品など

車両ごとに異なる制約条件の下、エンジン周辺部品の形状、位置、特性を決めていきます。今後、低燃費化で、制約条件が更に厳しくなっていきますが、ユニット部品の設計部署との連携を強化し、従来以上に柔軟な発想で開発を進めています。エンジン周辺部品の技術・知見のみならず、ユニット部品設計の幅広い知識・技術が活用できる仕事です。
必要な経験・資格 【必須要件】※以下の全てを満たす方
■ユニット部品およびエンジン部品構造の知識
■3DCADでの実務経験
■構造力学、材料力学、機械設計、熱力学、流体力学の知識

【歓迎要件】
■海外での実務経験または海外部署・企業との実務経験
雇用条件
  • 雇用形態: 正社員
  • 転勤の有無: 場合により有
  • 就業時間: 8:00〜17:00
  • 給与形態: 月給制
福利厚生 施設/寮・社宅、スポーツ施設、保養所など 制度/選択型福利厚生制度・従業員持株会制度・財形貯蓄制度など
教育・研修制度 OJTを基本に、階層別研修、語学研修、自己啓発セミナーなど各種バックアップを行います。 ※[技術系]は技術教育もあります。
企業情報 【概要・特徴】
東証一部上場、世界最大級の完成車メーカー。グループ全体で、国内外に関係会社564社、32万人以上の従業員を擁しています。ダイハツと日野を傘下におさめており、SUBARU、マツダ、スズキと提携を行っています。2017年度の国内シェアは47%とトップ、世界シェアは3位を獲得。グループ全体で1,000万台以上の販売台数を記録しています。

【開発体制】
国内だけでなく、アジア、欧州、北米の各地に開発拠点を設け、先進的な技術の研究・開発を推進しています。近年、AIの研究・開発の拠点として、米国に子会社「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE,INC.」を設立。AIやロボティクスに携わる技術者を集め、内製化を図っています。また、2016年の組織改正に伴い「先進技術開発」、「パワートレイン」、「コネクティッド」の3バーチャルカンパニーを新設。従来よりも組織を小型化し、意思決定や研究開発のスピードの向上につなげる考えです。

【福利厚生】
ライフスタイルやライフステージに応じて福利厚生メニューを自身で選択できる制度「選択型福利厚生制度(ウェルチョイス)」を設けています。そのほか、全国に200カ所以上の保養所や、約3万人が収容できる総合グラウンド、サッカー場、テニスコート、ジャグジー付屋内プール、スポーツジムなどのスポーツ施設を充実させ、働きやすい環境づくりに取り組んでいます。
おすすめポイント 100年に一度の大変革と言われる時代の中、従来の枠組みにとらわれることなく、多様なバックグラウンドを持つエンジニア同士が意見を出し合って進めていきます。
ユニット部品を考慮したエンジン周辺部品の最適構造開発は、今後出てくる様々な車両構造の基盤となるものであり、日々目まぐるしく進化する最新技術を駆使して開発を進めています。
そのため、エンジニアとして常に技術に向き合い、断続的な成長が出来る環境が整っています。明確な正解がない領域だからこそ、非常にやりがいのあるチャレンジングなポジションです。
お問い合わせ番号 253318

関連求人情報