なくなると欲しくなっちゃう!? NSXが前年比10倍の爆売れ!【北米ホンダ21年8月セールス】

アキュラNSX
アキュラNSX
北米ホンダ(American Honda)にとって、今年の夏は暑さが身にしみたことだろう。21年8月のセールスは、まさかの前年比15.6%減。そんな中で爆売れしたのがNSX。その数31台…というとそれほど多くは感じないかもしれない。しかし前年同月は3台しか売れなかったので、なんと約10倍の販売台数だ!

新車の供給不足により北米ホンダ全体の販売台数は前年比15.6%減

北米ホンダ(American Honda)の21年8月の総販売台数(ホンダブランドとアキュラブランドの合計)は、5月から続いていた連続前年比増にストップ。11万4656台という台数は、まだコロナ禍から自動車販売が回復しきれていなかった前年(20年8月)の13万5925台に対して15.6%減となる。

頭が痛いのは新型車の供給不足だ。新型シビックは非常に需要が高く、販売店に入荷されるとすぐに売り切れてしまう。しかし供給には限界があるため、8月のセールスは1万9654台(前年比23.0%減)にとどまった。

ホンダ シビック
ホンダ・シビック セダン

台数を稼ぐことができたのは、ホンダブランドではHR-V(日本名ヴェゼル、1万836台)とパスポート(4681台)、アキュラブランドではRDXといったSUV勢。また、タイプSが人気のアキュラTLX(2768台)も好調だった。

ホンダHR-V
ホンダHR-V(日本名ヴェゼル)
ホンダ パスポート
ホンダ・パスポート
アキュラRDX
アキュラRDX

そして、この月にもっとも伸び幅が大きかったのはアキュラブランドのフラッグシップスポーツカー、NSXだ。ご存じの通り、NSXは8月3日に2022年いっぱいでの生産終了が発表された。

その駆け込み需要なのだろうか、8月のNSXの販売台数は31台。一桁台も珍しくなく、前年同月は3台だったNSXのここ最近のセールス状況からすると「爆売れ」と言っていいだろう。2019年5月以来、久しぶりに30台以上のセールスとなった。

NSXの北米販売台数
北米でのNSXの販売台数推移。2016年は269台、2017年は581台、2018年は170台、2019年は238台、2020年は128台。2021年は1〜7月で68台、8月に30台が売れた。

NSXの22年モデルは、すべてタイプSとなる。グローバルでの限定台数は350台、そのうち300台が北米には割り当てられるが、ほぼ完売との噂も。なくなると欲しくなる…という消費者心理は、日本だけでなく北米でも同様のようだ。

アキュラNSXタイプS
アキュラNSXタイプS

北米ホンダ(ホンダ部門)・車種別販売台数【2021年8月】

アコード:1万4576台(−24.0%)
シビック:1万9654台(−23.0%)
クラリティ:117台(−53.4%)
フィット:5台(−99.9%)
インサイト:2370台(+25.7%)
CR-V:2万7928台(−18.8%)
HR-V:1万836台(+21.2%)
オデッセイ:7363台(−14.8%)
パスポート:4681台(+15.0%)
パイロット:1万1371台(−9.1%)
リッジライン:1463台(−52.5%)

北米ホンダ(アキュラ部門)・車種別販売台数【2021年8月】

ILX:1018台(−23.5%)
NSX:31台(+933.3%)
RLX:1台(−99.2%)
TLX:2768台(+40.3%)
MDX:4632台(−10.3%)
RDX:5842台(+15.5%)
※( )内は前年同月比

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部