レクサス「RC F」が一部改良!“Performance package”に専用内装色ブラック&アクセントブルーを新規設定

レクサスRC-F
レクサスは9月2日、「RC F」の一部改良を実施し、10月より発売すると発表した。税込車両価格は1052万円〜1449万円。

マットブラック塗装の19インチ鍛造10スポークアルミホイールを新たに設定

「RC F」は、481ps/535Nmを発揮する自然吸気式の5.0ℓV型8気筒エンジンと8速ATの「SPDS(スポーツダイレクトシフト)」を搭載し、パフォーマンスを追求したサスペンション、ブレーキ、空力パーツなどの専用装備を数多く採用。レーシングスピリットを受け継ぐ“F”モデルとして、レクサス車の運動性能向上をはじめとした、たゆまぬ進化を牽引してきた。なかでもRC F“Performance package”は日本のSUPER GTや米国のデイトナ24時間レースなど、モータースポーツで培った技術を応用した高性能バージョンだ。

今回の一部改良では、RC F“Performance package”に、専用内装色のブラック&アクセントブルーを新規設定。「F」を象徴するブルーをフロントシート、シートベルト、ステアリングホイール、メーターフードなどにアクセントカラーとして採用した。また、フロントシートに使用している滑り止め効果のあるアルカンターラを、ステアリングホイール、シフトノブにも新規採用し、グリップ感の向上を追求している。

その他、マットブラック塗装を施した10本スポークの19インチ鍛造アルミホイールを新たに設定(※)。また、全車のスカッフプレートにRC F限定の新デザインを採用した。
※“Carbon Exterior package”に標準設定/RC F(標準グレード)にメーカーオプション設定

●レクサス「RC F」モデルラインナップ
・RC F(標準グレード):1052万円
・RC F“Carbon Exterior package”:1132万円
・RC F“Performance package”:1449万円
※価格は消費税込み

●レクサス公式サイト「RC F」

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン