どのキャンピングカーか迷ったら、このベーシックなバンコンからチェック

【このキャンピングカーが欲しい!】シンプルな中に考え抜かれた機能が多数。初心者が購入する最初の1台におすすめのバンコン|AtoZ アンナ L

AtoZ アンナL
AtoZ アンナ L(車両本体価格:371万8000円/展示車価格:379万6100円)
軽ワゴンでは広さが物足りない。かといって、キャブコンは大げさすぎる。ならば注目したいのが、トヨタ・タウンエース/ライトエースをベースとしたバンコンだ。AtoZのアンナLは、空間効率と快適性を追求した、ベーシックなバンコンのお手本といえるモデルである。

扱いやすいサイズと適度な室内空間。ノーマル車高だから汎用性も高い

日本において、「クルマは大きいのが正義」ではない。そもそも限られた空間に機能を詰め込むのが得意な日本人は、大きなモノに憧れながらも、一方でミニマルなモノを好む傾向にある。日本でバンコンが人気なのも、そうした気質だからなのかもしれない。

昨今は軽ワゴンがよくデキだが、以前より「このバランスって絶妙だよな」と思ってきたサイズのクルマがある。それはトヨタ・タウンエース/ライトエース(もしくはマツダ・ボンゴ)だ。日本やアジア各国をターゲットにしたモデルだが、大きさよし、広さよしの優等生。トヨタ・ハイエースほど大きくなく、軽バンほど小さくない。しかも愛嬌があって、見た目もキュートだ。

同車をベースにしたバンコンは昔から出されており、昨今の日産NV200バネット人気に押されつつも、依然高い人気を誇っている。フロットモビール「シュピーレン」や、タコス「HANAシリーズ」は市場で高い評価を得ているモデルとなる。

キャンピングカーなので、どういった室内レイアウトを取るかがそのまま特徴になるわけだが、人によってはどんな居住空間のモデルを選んだらいいか分からないという人もいるはず。そんな時はオーソドックスなものを選ぶに限る。

それがAtoZの「アンナL」だ。バタフライタイプのシートを後部に2座インストールし、さらに薄型のギャレー&家具を設置。典型的な“車中泊仕様車”である。奇をてらっていないところが、実は使いやすい。

車内色は選ぶことが可能で、ナチュラルウッド色とホワイトウッド色のいずれか。プロのコーディネイターが手がけているということで、女性ユーザーを意識した色使いがなされている。

アンナLのリヤビュー
トヨタ・タウンエースがベースのAtoZ アンナ L。全長4065mm、全幅1665mm、全高1930mmの扱いやすいサイズが魅力。
AtoZ アンナLの室内
インテリアはプロのインテリアコーディネーターによる2スタイルを用意。ナチュラルウッド調と、展示車のホワイトウッド調が選べる。

AtoZは小型中型のキャブコンを得意とするビルダーだが、実はアンナシリーズなどバンコンモデルでの造詣も深い。例えば、同じボンゴをベースにしたアンナタイプMなども、空間効率と快適性が非常に高いキャンパーに仕上がっている。

バンコンはシンプルなキャンパーだが、それだけにビルダーに高いセンスが要求される。限られた空間の中に、いくつかの機能をインストールして、さらにそれを美しく見せなければならないからだ。

アンナモデルLの装備のコアとなっているのは、「A-SMART」と名付けられたバタフライ式のシート2脚だ。セカンド、サードシートに装備されており、前向き(ドライブ時)、対面(ダイネット)、フルフラットの3タイプに可変する。

AtoZ アンナLのリビングモード
リビングモードでは、5名がゆっくりとくつろげる。
AtoZ アンナLのフラット状態
こちらはフラットモード。奥行きは2080mm、幅は1200mm(一部1020mm)で、大人2名が就寝可能。

家具は後部左右に付いており、左側にギャレーと18L冷蔵庫を内蔵。下部には給排水各12Lずつのタンクが入っている。右側は集中電源やサブバッテリー(105Ah)など、主に電装系がインストールされており、通常は小テーブルや物置として活用する。この他にダイネット用テーブルが標準化されており、装備内容としてはシンプルだ。

AtoZ アンナLのギャレー
左側にはギャレーを配置。シャワーヘッド蛇口を引き出して使用することができる。
AtoZ アンナLの冷蔵庫
18Lの冷蔵庫もビルトインされている。
AtoZ アンナLの電源系
右側には集中電源スイッチ、100Vコンセント、USBポート、12Vソケットが並ぶ。

ちなみにモデルLというネーミングは、天高がさらに高いアンナタイプMに対して天井が低い(Low)ことに由来する。たしかに車内での移動や圧迫感はまるで違うが、ガレージなどへの対応を考えた場合に、ノーマル車高のモデルLの汎用性は非常に高くなる。

AtoZ アンナLとアンナM
手前側がアンナL、奥側がアンナM。アンナMはハイルーフのおかげで、室内の最高部は1760mmに達する。

価格は371万8000円から。実際に使う場合は、やはりFFヒーターや電装の強化が欲しくなってくるので、400万円強スタートといったところだろう。どれを買えばいいのか分からない…というユーザーは、まずこのベーシックなバンコンをチェックしてみるといいだろう。

AtoZ

著者プロフィール

山崎友貴 近影

山崎友貴

SUV生活研究家、フリーエディター。スキー専門誌、四輪駆動車誌編集部を経て独立し、多ジャンルの雑誌・書…