スズキ・アルト(8代目・HA36系)オーナーのナマの声をお届け!!

スズキ・アルト(8代目・HA36系)|これがオーナーの本音レビュー! 「燃費は? 長所は? 短所は?」

8代目HA36系 アルト・ワークス 5MT車・スチールシルバーメタリック
スズキ・アルトは1979年に軽ボンネットバンとして登場して以来、スズキを代表するハッチバック型軽自動車として君臨している。Motor-Fan TECHの会員の方々にもこのクルマのオーナーは少なくない。8代、40年以上にわたる歴史を持つクルマだけに、今回は現行最新8代目のオーナーにアンケートを実施。オーナーだからこそわかる燃費、不満、よいところを見てみよう。

8代目 HA36系 (2014年~)

アルト S アップグレードパッケージ装着車 シフォンアイボリーメタリック(2020年モデル)

1979年に軽商用車としてデビューしたアルトは、以後、時流に合わせたコンセプトの変転を経ながら40年以上にわたって進化を続けて一大ファミリーを形成、ワゴンRやジムニーと並ぶスズキの代表車種である。現行最新モデルは2014年に登場した8代目にあたるHA36系。軽量化がはかられた完全新設計の「HEARTECT(ハーテクト)」と名付けられたプラットフォームを採用したのが特長。エンジンは当然ながら660ccで、直列3気筒のR06A型。自然吸気とターボが用意される。トランスミッションは、グレードによりCVT、5速MT、 5速AGS(RMT=シングルクラッチ式セミAT)が設定される。当初は乗用モデルの「セダン」と商用モデルの「バン」が用意されたが、2021年8月に「バン」は廃止されて「セダン F」に統合された。また、走りのホットモデルとして2015年に「ターボRS」とさらにスパルタンな「ワークス」が登場したが、2018年に「ターボRS」は廃止されて「ワークス」のみとなった。

2018年式 ターボRS 「廃止されたグレードですがワークスよりもしなやかな足回りは普段使いにピッタリです」

ニックネーム:KALEIDOS 年式・グレード: 2018年式 ターボRS 性別:男性(40代) 居住地域:群馬県

排気量: 660cc トランスミッション:RMT(シングルクラッチ式セミAT)
平均燃費:24km/ℓ(郊外の通勤買い物がほとんど)
長所:軽量で手足のように動かせるドライバビリティ。しかも低価格でドライビングが楽しくなる車。低価格でも充分な装備と動力性能。コスパ最高。マニュアルで乗れば何の文句もないトランスミッション。CVTと違いダイレクトで素直な動き。
短所:静粛性の低さ。ルームミラーが眼前に迫るレイアウトの悪さ。収納の少なさ。

評価
外観:★★★★☆ シンプルで個性的なデザインが優秀。
室内:★★★☆☆ 値段を踏まえれば質感の低さは妥当。収納が少なく使い勝手は良くない。
走行性能:★★★★☆ 動力性能は文句無し。遮音性が高ければ遠出の疲労度が軽減される。
燃費性能:★★★★★ ハイブリッド装着無くとも低燃費。軽さは正義。
装備:★☆☆☆☆ 現代便利装備は無い。が、特段必要に思わないが…。
満足度:★★★★★ 値段と動力性能のバランスが取れた秀逸な車。

このクルマの購入を検討している人にひと言
「廃止されたグレードですがワークスよりもしなやかな足回りは普段使いにピッタリです。ヒラヒラと軽やかな身のこなしは通勤快速です」

2015年式 ターボRS 「 軽量ボディとターボで走りが軽快」

ニックネーム:パパッキー 年式・グレード: 2015年式 ターボRS 性別:男性(50代) 居住地域:栃木県

排気量: 660ccトランスミッション:RMT(シングルクラッチ式セミAT)
平均燃費:21.6km/ℓ
長所:軽量ボディとターボで走りが軽快。
短所:小物入れが少ない。
評価
外観:★★★★☆
室内:★★★★☆
走行性能:★★★★☆
燃費性能:★★★★☆
装備:★★★☆☆
満足度:★★★★☆

このクルマの購入を検討している人にひと言
「セミオートマのAGS(オートギヤシフト)は少し癖がありますが、MTのようなアクセルワークをすると気持ちよく走らせます。乗り味はMTそのものでダイレクト感があり楽しいです」

2017年式 ワークス HA36S 2WD 5MT 「とにかく毎日乗って楽しい車です」

ニックネーム:ガメキチ 年式・グレード:2017年式 ワークス HA36S 2WD 5MT 性別:男性(50代) 居住地域:神奈川県

排気量:660cc トランスミッション:MT
平均燃費:15.5km/ℓ(通勤、都内とその近郊での移動)
長所:とにかく軽い。安い。燃費が良い。
短所:車高が高い。特に内装がチープ。

評価

外観:★★★★☆ 可愛げがあって、やる気満々の顔が良い。
室内:★★★☆☆ 値段なりだが余計なものがないのは良い。
走行性能:★★★★☆ とにかく楽しい。快適性を求めてはいけません。
燃費性能:★★★★☆ かなり激しく走っても悪くない。
装備:★★★☆☆ 最新の装備はありません。でもシンプルでよい。
満足度:★★★★★ とにかく毎日乗って楽しい車です。

このクルマの購入を検討している人にひと言
「ローバーミニを手放すときに、同じような乗り味を求めてこの車を選びました。予想以上にバッチリでした。軽さ・パワー・広さどれをとっても満足のいくものでした。少し手を入れればさらに良くなります。残念なのは車高の高さですかね。ただ街乗りにおいてはその視点の高さは良いとも思えます」

2014式 HA36S ターボRS 「中速までの加速は抜群…2ℓターボ並み、コストパフォーマンスは最高」

ニックネーム:川西のiL 年式・グレード: 2014年式 HA36S ターボRS 性別:男性(60代) 居住地域:兵庫県

排気量: 660cc トランスミッション:T
平均燃費:19.5km/ℓ(買物等の近距離走行、月間平均走行距離は570km、累計走行距離は41160km)
長所:安い。軽いのでバイク並みの加速が味わえる。2ペダルでもMTの長所が楽しめる。
短所:低価格相応の質感、騒音。

評価
外観:★★★★☆ 後席は殆ど使用しないので2+2仕様で十分。リヤを絞ってデザイン優先に。
室内:★★★★☆ 前席シートは軽四輪として良い方だ。
走行性能:★★★★★ 中速までの加速は抜群…2ℓターボ並み。
燃費性能:★★★★☆ 660ターボとしては良い。
装備:★★★☆☆ 最低限の装備である。
満足度:★★★★☆ コストパフォーマンスは最高。

このクルマの購入を検討している人にひと言
「MT経験者ならAGSには直ぐに慣れます。AGSのシフトダウンは上級者レベルであり、マニュアルモードなら手軽にMTが楽しめます。次期アルトにはデザイン優先の2+2仕様を期待しています」

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部