スズキが「空飛ぶクルマ」の製造に向けてSkyDriveと合意。スズキグループの工場を活用し、2024年春の稼働開始を目指す

調印式の様子(写真左からスズキの神代常務、SkyDriveの福澤CEO)
スズキは6月20日、「空飛ぶクルマ」の製造に向けた協力について、株式会社SkyDrive(愛知県豊田市)と基本合意書を締結した。

スズキはSkyDrive製造子会社の人材確保など製造開始に向けた準備についても協力

SkyDriveは「空飛ぶクルマ」の製造を目的とした100%出資の子会社を設立。スズキとSkyDriveは、スズキグループが静岡県内に保有する工場を活用し、2024年春ごろに「空飛ぶクルマ」の製造開始を目指す。またスズキは、SkyDrive製造子会社の人材確保など製造開始に向けた準備についても協力する。より具体的な条件については、協議を継続し、別途取り決める予定だ。

このたびの発表に際して、スズキの鈴木俊宏社長はこのようにコメントしている。
「SkyDriveと協力一致し、価値ある製品作りを通じて、日常的に空を活用するAir Mobilityの実現に貢献できるよう、意欲的に前進してまいります。楽しみです」

キーワードで検索する

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部