10月1日公開の映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』にジャガーのミドルクラスサルーン「XF」が登場! メイキングムービーを公開

ジャガー・ランドローバーはこのほど、10月1日に日本で公開される映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に、ジャガーのダイナミック・ラグジュアリー・サルーン「XF」が登場し、卓越したパフォーマンスと爽快なドライビングダイナミクスを発揮していることを明かし、劇場公開に先駆けてメイキングムービーを公開した。

「イタリア南部特有の曲がりくねった街路や広場であろうと、喧噪にざわめくロンドンの市街地でも、どのようなシチュエーションにも対応できるクルマなのです」(ジャガー・ブランドディレクター アンナ・ギャラガー氏)

イタリア南部の都市マテラで撮影されたシーンでは、2台の「XF」が、007たる主人公ジェームズ・ボンドを追って曲がりくねった狭い路地を縫うように走り、広場や石畳の階段を駆け抜ける。

2台の「XF」はいずれもインテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)搭載の全輪駆動システム(AWD)を搭載しており、グリップの低い路面で驚異的なトラクションを発揮しながら走り抜け、劇中ではどんなに狭く、どんなにタイトなコーナーでも走破できることを証明している。また、軽量アルミニウムを多用したアーキテクチャと先進のサスペンション設計により、卓越したハンドリングと敏捷性、乗り心地、快適性、洗練性を実現している。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の特殊効果およびカーアクション担当スーパーバイザーである、クリス・コーボールド氏は、次のように述べている。
「『XF』は、今回のような難易度の高いカーチェイスシーンをよりエキサイティングなものにしてくれる、素晴らしいクルマでした。私たちはスタントシーンにおいて、常に極限まで自らの限界を引き上げようとしており、撮影車両の性能に対しても多くのことが求められます。車幅ぎりぎりの狭い路地で行われた今回の撮影において、一切の妥協や失敗は許されません。『XF』はその優れたパフォーマンスとドライビングダイナミクスを発揮してくれました」

そして、ジャガーのブランドディレクターである、アンナ・ギャラガー氏は次のように述べている。
「高級感、快適性、洗練性を兼ね備えた『XF』は、どんな旅にでも行けるようデザインされています。『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のカーチェイスシーンを撮影したイタリア南部特有の曲がりくねった街路や広場であろうと、喧噪にざわめくロンドンの市街地でも、どのようなシチュエーションにも対応できるクルマなのです」

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、監督をキャリー・ジョージ・フクナガ、主演をダニエル・クレイグが務めている。ダニエル・クレイグがイアン・フレミング原作の「007」シリーズでジェームズ・ボンド役を演じるのは5回目で、本作が最後の出演となる。日本では2021年10月1日(金)から全国の映画館にて公開される。

ジャガー・レーシングのドライバー ミッチ・エバンス氏

また、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開を記念し、ジャガー・レーシングのドライバー、ミッチ・エバンス氏とパラクールアスリートのリン・ユング氏が出演し、「XF」でのカーチェイスを繰り広げるスペシャルムービーが制作され、こちらも公開されている。

合わせて読みたい
「イギリスはトヨタ2000GTを認めなかった?」ボンドカー小考察・その1
合わせて読みたい
「カーチェイスにパワーはいらない」007 ボンドカー小考察・その2 ロータス・エスプリ/アストンマーティンDBS
合わせて読みたい
「007と自動車産業」アストンマーティン、BMW、フォード……ボンドカー小考察・その3
合わせて読みたい
それにしても、なぜアストンマーティン『DB5』なのか ボンドカー小考察・その4

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン