ホンダが国内カーメーカー初の新車オンラインストア「Honda ON」をオープン! スマートフォンでホンダの新車購入が可能に

10月4日、ホンダは国内カーメーカー初となる四輪新車オンラインストア「Honda ON(ホンダオン)」を開設し、東京都内よりオンラインでの新車の取り扱いを開始した。Honda ONでは、オンライン上で商談、見積り、査定、契約がすべて可能となり、いつでも気軽にホンダの新車契約の検討ができる。

まずは東京都内在住かつ都内84拠点のHonda Carsに納車やメンテナンスで来店できる方のみが対象。来年以降は順次選択可能なエリアを拡大

昨今、オンライン化の加速による各種手続きのデジタル化や、リモートワークの拡大など、新たな生活様式が生まれ、消費者の購買行動も多様に変化している。そのようなユーザーニーズをタイムリーに捉え、購買行動における新たなUX(ユーザーエクスペリエンス)を実現すべく、2021年4月に四輪新車のオンライン販売の企画立案、運営を担う、株式会社ホンダセールスオペレーションジャパンが設立。このたびオンラインストア「Honda ON」がオープンした。

Honda ONは「お客様の期待を超える自動車購買UX」がコンセプトで、販売店を訪れることなく、いつでも気軽に購入を検討できる新車オンラインストア。手持ちのスマートフォンで商談、見積り、買取車の査定、契約、さらには自動車保険の手続きに至るまでを、すべてオンライン上で対応可能としている。

Honda ONでのオンライン販売の企画にあたっては、スマートフォンに特化したUI(ユーザーインターフェース)にすることで、販売店への来店経験がなく、来店のハードルが高いと感じている1990年代半ばから2000年代前半生まれの世代、いわゆるジェネレーションZの方にも、使い勝手が良く、直感的な操作が可能なものを目指した。また、利用するなかで困りごとが生じた際は、Honda ONコンタクトセンターのオペレーターに、ストア内のチャットにて365日いつでも相談することが可能だ。注目ポイントを見ていこう。

厳選されたホンダの人気車種、タイプ、オプションを用意

小さな画面のスマートフォンでも迷わず選べるよう、ホンダの人気車種、タイプ、オプションに厳選したプランを設定。また、各車種に関するSNS上でのリアルタイムの口コミを集めたUGC(ユーザー生成コンテンツ)をストア内に表示し、他の顧客による評価を参考にしながら、選ぶことが可能。

UGC(ユーザー生成コンテンツ)イメージ
顧客の評価と口コミのイメージ

Honda ON サブスクリプションサービスで購入

開始にあたり、支払金額がわかりやすい、Honda ON サブスクリプションサービスを用意。月額利用料は、カーナビゲーションなどの基本的なオプション費用、自動車税、点検・車検・交換部品などのメンテナンス費用などをすべて含み、N-BOXであれば月額3万1610円からの設定としている。加えて、ユーザーの生活の変化に合わせて、いつでも利用をやめられることや、乗り換えや買取を可能とすることで、オンラインで購入する不安をできるだけ払拭し、気軽に選べるサービスとなっている。なお、購入方法については、ユーザーの多様なニーズに応えられるよう、今後順次さまざまな選択肢を拡充していく計画だ。

買取参考価格の提示、自動車保険の見積りが可能

それまで顧客が所有していたクルマの買取参考価格の提示や、所有車の等級などに応じた自動車保険の見積りについても、ストア内で実施可能だ。

口コミ評価を参考に、納車・サービス拠点の選択が可能

ストア内では、納車とその後のメンテナンスを実施するHonda Carsの店舗を選択することが可能。初めてHonda Carsに来店する方のために、各店舗の顧客評価と口コミが確認でき、安心して選ぶことができる。なお、サービス開始時は、東京都内在住かつ、東京都のHonda Cars(84拠点)に納車やメンテナンスで来店できる方のみの対象となるが、来年以降順次、選択可能なエリアが拡大されていく見通しだ。

●Honda ON

著者プロフィール

細田 靖 近影

細田 靖