溝呂木 陽の水彩カースケッチ帳 連載・第2回 今も昔もコブラに夢中!!

溝呂木陽の水彩カースケッチ帳/連載・第2回 今も昔もコブラに夢中!!

クルマ大好きイラストレーター・溝呂木 陽(みぞろぎ あきら)さんによる、水彩画をまじえた連載カー・コラムの第2回目は、プロのイラストレーターになるきっかけを与えてくれた永遠の一台、シェルビー・コブラのおハナシです。

アメリカのテキサス人、キャロル・シェルビーが作り出したアングロ・アメリカンスポーツカー、シェルビー・コブラが大好きです。1962年、イギリスのACカーズが生産していたスポーツカー、ACエースへフォードからのエンジン供給を実現。小さな車体にV8の大馬力エンジンを押し込んだシェルビー・コブラを作り上げ、フェラーリに立ち向かったのです。映画『フォード VS フェラーリ』の冒頭でのコブラのレースシーンは素敵でしたね。

ボクのコブラとの出会いは、中学生の頃の雑誌で見た黒い427コブラの小さな写真カットでした。さっそく画用紙に水彩絵の具で描いたコブラは、僕の描いた水彩のスポーツカーの最初の作品でした。まだ透明水彩の描き方は知らず、単純に黒に白を混ぜて明るいところを描いてガシガシと色を塗ったこの作品を皮切りに、好きなクルマをどんどん画用紙に描いていき、いつしか絵の具に水を混ぜて明るいところを仕上げる透明水彩へと技法は変わっていきました。

こうして習作を描き続け、ある程度描けるようになった頃、自動車雑誌への投稿を思いつきます。当時の自動車雑誌にはイラストの読者投稿欄があり、中でもプロのイラストレーターが毎回寸評を入れてくれるレベルの高いところを選んで投稿を始めました。1983年、15歳の時、創刊されたばかりの雑誌『オートクラブ』のイラストコーナーで初掲載されたのは、ペンと薄墨で仕上げた正面から見たコブラ427でした。それを評してくれたのは今でも親交があるイラストレーターの佐原輝夫さんでした。このコブラの絵をとても評価してくれたのが嬉しかったです。僕のイラスト初掲載はこのコブラといってもいいかもしれません。

当時愛読していた雑誌で、東京・恵比寿にあった『Mr.クラフト』という伝説の模型店の広告ページに「コブラのプラモデルの入荷」というお知らせを見つけ、同店を初めて訪れたのは中学生の頃でした。『Mr.クラフト』はまだ2階までが店舗で、2階はスロットレーシングカーコーナーだった時代です。お店は輸入プラモデルがメインでガラスケースには完成品も並び、ワクワクしながらアメリカ製、amtの1/25プラモデルキットのコブラ289を手に取りました。当時出たMPCの1/16コブラ427もすぐ買うことになります。

amtのコブラは、実車が現役時代の60年代なかばに初版が作られた金型で、80年頃に久しぶりに再販されたものでした。野球選手の顔写真が入った箱の中のモデルは緑の成型色で、エンジンやシャシーから組み上げていくかなりこだわった作りでした。エンジンは水色のスプレーを吹き、ボディはナス紺のやや紫系の濃いブルーに塗りました。メッキのホイールと太いタイヤは車高を下げて、タイヤがボディからはみ出さないように工夫しました。白いゼッケンサークルは数字なしのものを選び、ややレーシーなお気に入りのプラモデル完成品が出来上がったのを今でも覚えています。

それからこのamtのキットは10数台以上製作していますが、今でも手持ちには未組み立ての60年代の貴重な初版が2つあり、さらに、あの野球選手=レジ―・ジャクソンの顔が入った緑のコブラのキットも久しぶりに手に入れました。その他にも数台のレジンキットや427コブラのキットも手元にあるので、またこれからも、コブラをどんどん形にしていくつもりです。

もちろんコブラの絵もいつも描いてしまいます。2003年から始めた『ペーターズギャラリー』での個展では、仕事以外の「作品」として描きためた水彩画を発表しています。今年の個展でもこの1~2年で描きためた数台のコブラを含めた作品たちを発表します。今回このページに掲載させていただいているのは、昨年描いたコブラ289USRRCレーサーです。

このガーズマンブルーという深いメタリックカラーのセンターに走る、2本の白いル=マン・ストライプはコブラの象徴ですね。大好きなケン・マイルズらがドライブしたUSRRCレーサーは最も好きなコブラで、太いタイヤや高めの車高、ライトの網のカバーなど、そのディテールがたまりません。他にも個展ではデイトナコブラ や289レーサーなど、コブラへの想いを込めた作品を模型のコブラたちとともにご披露いたします。

個展の会場には中学生の頃に雑誌に投稿した切り抜きが載ったスクラップ帳をそっと忍ばせておきますので、ぜひたくさんお喋りをして、腰を据えてたっぷりと楽しんで見て帰ってくださいね。

溝呂木 陽 水彩展 2021 『SPORTS CARS from the WORLD(スポーツカーズ フロム ザ・ワールド)』のおしらせ

本連載の著者の個展が下記要領で開催されます。どなたさまもぜひお立ち寄りください。(入場無料)

会期日時:2021年10月22日(金)~27日(水) / 連日12時~19時 会期中無休・入場無料
(10月23日~24日の土・日はJR山手線内回りが終日運休のため原宿駅がご利用できません。地下鉄の明治神宮前駅か北参道駅からの徒歩、あるいはJR千駄ヶ谷駅からの『ハチ公バス』をご利用ください)

会場:ペーターズショップ&ギャラリー
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2丁目31-18
TEL:03-3475-4947
http://www.paters.co.jp/

溝呂木 陽 水彩展、2021年、『ペーターズ』に帰ってきました。
フェラーリ、ポルシェ、コブラ、アルファロメオ…。珠玉のスポーツカーたちに加えてパリの風景、街並み、明るい陽の光を水彩画で表現していきます。
スポーツカーがロマンティックだった時代の車たちを鉛筆と水彩でアルシュ水彩紙の上に表現していきます。
今年10周年を迎えた個人製作模型誌『スポーツカーズモデリング』のバックナンバーや日々作り続けている模型完成品も展示、販売します。
おもちゃ箱のような溝呂木 陽の作品世界、『ペーターズ』の2フロアいっぱいに展開いたします。

著者プロフィール

溝呂木 陽 近影

溝呂木 陽

溝呂木 陽 (みぞろぎ あきら)
1967年生まれ。武蔵野美術大学卒。
中学生時代から毎月雑誌投稿、高校生の…