ケンウッド デジタルルームミラー型ドライブレコーダーに新タイプ

人気の“ミラレコ”にコンパクトカー&軽自動車向けモデルがラインアップ ケンウッド DRV-EM3700 【CAR MONO図鑑】

7月の発売以来大人気を誇るケンウッドのデジタルルームミラー型ドライブレコーダー「ミラレコ」にコンパクトカー&軽自動車向けサイズが新登場。10月下旬より発売。

REPORT●浜先秀彰(HAMASAK Hideaki)

問い合わせ:JVCケンウッド

ケンウッド DRV-EM3700……オープン価格(実勢価格:5万400円前後/税込)

 デジタルルームミラーと2カメラ型ドライブレコーダーの機能を兼ね備えたモデル。ミラレコの愛称を持ち、本年7月に発売された「DRV-EM4700」と同様の機能を備えながらもコンパクトカーや軽自動車にマッチするよう小型化が図られている。DRV-EM4700では横幅293mmのボディに12型ディスプレイを組み合わせていたが、このDRV-EM3700では横幅261mmのボディに10型ディスプレイを組み合わせている。

 ルームミラー型の本体は表面に静電タッチパネル式のIPS液晶画面、背面(車両前方向き)にフロントカメラを内蔵。これに別体のリアカメラユニットをパッケージした2ピース構成だ。

 デジタルルームミラーは高画質なフルHDカメラと高精細ディスプレイによってリアルタイムに車両後方の状況を確認でき、従来からのルームミラーに比べて夜間やトンネルなどでも明るく見える。そのうえ後席に人が乗っていたりラゲッジルームに大きな荷物を積んでいても後方の視界が妨げられず、表示エリアもきわめて広い。

 フロントカメラ、リアカメラとも高感度の裏面照射型CMOSセンサー「STARVIS」が採用され、昼夜を問わず鮮明な映像記録が可能。周囲の車両のナンバープレートや路上の標識などもクッキリ捉えられるフルHD画質(解像度1920×1080)で、明暗差を自動補正するWDR機能も搭載している。

 設定操作は鏡面のタッチパネルで行え、上下スライドで表示エリアの調整、左右スライドで画面の明るさ調整、タッチで前方映像/後方映像の切替などが可能。さらに音声コマンド機能によって運転中でもハンドルから手を離さず声だけで「イベント記録」「静止画撮影」、「表示切替」などの操作が可能だ。録画モードには常時録画、イベント記録、音声コマンド/手動録画などを備え、オプションの車載電源ケーブル「CA-DR550」を組み合わせると最長24時間の駐車監録画も実現する。

 なお、本体の取り付けは純正ルームミラーにかぶせて付属ゴムバンドで固定。カメラは運転席側(右側)に装備されているため道路中央付近を広く撮影でき、左右スライド機構によって大型の純正ルームミラーとも干渉しにくい。

■主要スペック
GPS:搭載
Gセンサー:搭載
最大記録解像度:フロント・リア 1920×1080(フルHD)
最大記録画角:フロント 水平約143°/垂直約76°/対角約170°・リア 水平約107°/垂直約55°/対角約132°
最大フレームレート:28fps
記録メディア:マイクロSDカード 16~128GB(32GB付属)

著者プロフィール

浜先秀彰 近影

浜先秀彰

 個人のYouTubeチャンネル「カーグッズチャンネル」を開設。業界では珍しいカーグッズ専門のライター/エ…