スポーティさと上質さの両方を兼ね備えた限定車、「BMW 118d Individual Edition」登場

全国180台限定車「BMW 118d Individual Edition」
ビー・エム・ダブリュー株式会社は、スポーティかつ上質なテイストの限定車「BMW 118d Individual Edition(インディビジュアル・エディション)」を、日本全国180台限定で、10月21日より販売を開始すると発表した。

BMW 1シリーズは、BMWの最もコンパクトなモデルであり、キドニー・グリルやヘッド・ライトに最新のデザイン・コンセプトを採用し、低重心を強調するリヤ・デザインに個性的なL字型テール・ライトをアクセントに装備するなど、人気の高いBMWのエントリー・モデルだ。

タイヤスリップ・コントロール・システム(ARB)の採用による高い走行安定性や、前輪駆動方式採用による広い室内空間、リバース・アシスト等の運転支援機能を標準装備するなど、エントリー・モデルながらも高い走行性能と機能を備えている。

このたびビー・エム・ダブリュー株式会社は、そのクリーン・ディーゼルエンジン搭載モデルである「BMW 118d Play Edition Joy+(イチイチハチディー・プレイ・エディション・ジョイプラス)」をベースに、スポーティかつ上質なテイストの限定車「BMW 118d Individual Edition(インディビジュアル・エディション)」を日本全国180台限定で、全国のBMW正規ディーラーにおいては10月21日より{BMWオンライン・ストア(https://online-store.bmw.co.jp/)上からは10月21日正午より}販売を開始すると発表した。納車は、11月中旬以降を予定しているとのこと。

「BMW 118d Individual Edition」は、日本初導入となるMスポーツ・エクステリアを装備してスポーティさを前面に出しつつ、BMWのコンパクト・セグメントとしては初めて、BMWのカスタマイズ・プログラムである「BMW Individual」によるスペシャル・ペイントが施されている。内装にはトリム裏側に光源を持ち、車内を鮮やかに彩る「イルミネーテッド・トリム・ベルリン」に加え、人気のHiFiオーディオ・システムを装備。右ハンドル、AT仕様だ。

また、全180台のうち90台限定で、通常では選択できないパーフォレーテッド・ダコタ・レザーのモカ色を内装に取り入れ、外装のみならず内装面でも通常モデルとは異なる、1つ上の存在感を主張するモデルとして登場する。

BMW 118d Individual Editionの主な装備品
●外装色: BMW Individualスペシャル・ペイント {セピア・バイオレット(70台)/ルビー・レッド(30台)/ホッケンハイム・シルバー(80台)}
●LEDフォグ・ライト
●17インチMアロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング550Mバイ・カラー
●Mスポーツ・エクステリア
●イルミネーテッド・ベルリン・インテリア・トリム
●Hi-Fiオーディオ・システム
●ストレージ・コンパートメント・パッケージ

●iDriveナビゲーション・パッケージ

BMWライブ・コックピット[10.25インチ マルチ・ディスプレイ・メーター・パネル、10.25インチ ワイド・コントロール・ディスプレイ(タッチ・パネル機能付)、HDDナビゲーション・システム(VICS 3メディア対応)]/BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント(AI音声会話システム)/ITSスポット対応DSRC車載器(ルーム・ミラー内蔵、ETC機能付)、BMWコネクテッド・ドライブ・プロフェッショナル[USBナビ・アップデート(3年間)、Apple CarPlayプレパレーション]

■メーカー希望小売価格(税込み)は512万円(付属品価格、消費税を除く税金、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格。また「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要)。

*世界的な半導体供給不足の影響で、通常モデルでの標準装備品が、装備されない場合があります。詳しくは、BMW正規ディーラーまでお問い合わせください。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部