フェイスリフトで先進的な装いにアップデート「プジョー3008」【最新輸入SUV 車種別解説 PEUGEOT 3008】

17年に登場し現モデルとしてはロングモデルになる「プジョー 3008」だが、21年のマイナーチェンジでエクステリアが大幅にアップデートされ、引き締まった印象となった。インパネもデジタルメーターの先進的なデザインになるなどプジョーの質の高いセンスがインテリアにも反映されている。ガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッドの3種のパワートレインが用意され、21年に追加されたプラグインハイブリッドモデルは1.6ℓターボにモーター出力がプラスされスポーツカー並みのパワフルさを見せる。
REPORT:岡島裕二(本文)/小林秀雄(写真解説) PHOTO:神村 聖/平野 陽 MODEL:林あやの

唯一の4WDになるPHEV 豪快な加速力と走破性は特筆

3008は日本導入から6年を経過し、海外では新型が公表されたが、2021年にフェイスリフトを行なっているので外観からは古さを感じさせることはない。インテリアもステアリングの上からデジタルメーターを見る、ⅰコックピットデザインを採用し、いま見ても先進的だ。

エクステリア

放射状に広がるグリルの造形をバンパーにまで拡散するなど、個性を明確に主張するプジョー独自のデザインを採用。ルーフカラーにブラックダイヤモンドを採用したツートーンカラーも設定される。

全長4450㎜のボディサイズは日本の道路環境でも扱いやすい。室内は広くはないが、前後席は囲まれ感があり、落ち着きのある空間をつくり上げている。荷室も奥行きが深いから積載性も良好だ。多人数乗車を希望する人は、フロントまわりやインテリアのデザインが3008と共通で、全長が少し長い3列シートの5008を選ぶという手もある。

インストルメントパネル

楕円形の小径ステアリングの上から12インチのデジタルメーターを臨む操作環境は賛否両論あり。8インチのディスプレイオーディオや左右独立温度調整式オートエアコンのスイッチ類は運転席寄りにレイアウトされている。

パワートレインは3種類を設定。ベースモデルの1.6ℓターボでもスムーズに走ることができるが、人気があるのはトルクフルな走りが味わえ、燃料代を抑えることができる2.0ℓディーゼルだ。プジョーのディーゼルは音や振動が上手く抑えられているから快適性も高い。

居住性

フェイスリフトと同時に追加されたプラグインハイブリッドは、1.6ℓターボに前後のモーター出力が加わるため、スポーツカー並みの豪快な加速を披露してくれる。3008では唯一の4WDになるから走破性も向上する。フル充電時には実質50㎞程度はEV走行が可能だ。

うれしい装備

「GT」と「GT BlueHDi」には、雪上など滑りやすい路面を走るときに適したアドバンスドグリップコントロールを標準装備。
死角となる左前方の視界を映すサイドカメラの映像を、ルームミラー内蔵の小型モニターに表示。補助ミラー装着の必要なく、安全を確認。
月間販売台数          NO DATA 
現行型発表           17年3月(マイナーチェンジ 21年1月)
WLTCモード燃費         16.6 ㎞/ℓ ※「GT BlueHDi」

ラゲッジルーム

サスペンションは乗り始めは引き締まった印象を与えるが、コーナリング時はプジョーらしいストロークのある、しなやかで粘り強いフットワークを楽しむことができる。

※本稿は、モーターファン別冊 ニューモデル速報 統括シリーズ Vol.153「2024 国産&輸入SUVのすべて」の再構成です。http://motorfan-newmodel.com/integration/153/

キーワードで検索する

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部