日産ノート/ノート オーラがJNCAPの「自動車安全性能2021」で最高評価のファイブスター賞を獲得!

日産自動車は10月27日、自動車アセスメント(JNCAP)で「衝突安全性能」と「予防安全性能」等を統合して評価する総合評価「自動車安全性能2021」において、「ノート」および「ノート オーラ」が最高評価である「ファイブスター賞」を獲得したと発表した。また、2020年度から開始されたこの新たな総合評価において、「ノート」および「ノート オーラ」は、コンパクトセグメントで最高得点を獲得した。同総合評価における「ファイブスター賞」獲得は、「日産デイズ」「日産ルークス」に続く受賞となり、日産車の安全性の高さを実証した。

コンパクトセグメントで最高得点を獲得し、安全性の高さを実証

JNCAPは、国交省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)により、自動車の安全性能を評価、公表するもので、2020年度から新たな総合評価を開始。2021年度の評価は「自動車安全性能2021」となる。その最高評価となる「ファイブスター賞」は、「衝突安全性能評価」と「予防安全性能評価」の両評価で最高ランクを獲得し、なおかつ「事故自動緊急通報装置」を備えた車両だけに与えられる。

ノート/ノート オーラは、車体骨格に日産初の1470MPa級の超ハイテン材(冷間プレス用超高張力鋼板)を使用し、軽量化と衝突安全性を高い次元で両立している。また、7つのエアバッグを装備し、「自動車安全性能2021」の衝突安全性能評価において、乗員保護性能のすべての評価で最高の「レベル5」を達成し、最高評価の「Aランク」を獲得している。

また両モデルには、5個のカメラ、3個のミリ波レーダー、8個のソナーにより周囲を検知する先進の全方位運転支援技術(360°セーフティアシスト)を装備。対向車や先行車を検知して自動的に照射範囲を切り替えるアダプティブLEDヘッドライトシステムや、サイクリストや夜間の歩行者にも対応した衝突被害軽減ブレーキ、障害物に加えて前進時は人や車両も検知するペダル踏み間違い時加速抑制装置などにより、予防安全性能評価においても、最高評価の「Aランク」を獲得している。

これらに加えて、両車は先進事故自動通報システム「SOS」コールの装備も含めた評価結果により、軽自動車に続いてコンパクトカーにおいても最高評価にあたる「ファイブスター賞」を獲得するにいたった。

●独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)公式サイト

●日産自動車公式サイト「ノート」

●日産自動車公式サイト「ノート オーラ」

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン