レクサスの旗艦サルーン「LS」が一部改良! 「レーントレーシングアシスト」のセンタートレース性が向上

10月28日、レクサスはフラッグシップサルーン「LS」の一部改良を実施し、同日発売した。税込車両価格は1071万円〜1792万円。

標準装備の19インチタイヤをランフラットタイヤから新開発のノーマルタイヤに変更。走りの上質感をさらに高めるとともに、乗り心地と静粛性が向上

今回の一部改良では、標準装備の19インチタイヤをランフラットタイヤから新開発のノーマルタイヤに変更し、走りの上質感をさらに高めるとともに、乗り心地と静粛性を向上させている。なお、ランフラットタイヤはニーズに合わせて選択できるように、メーカーオプションとして設定している。

“F SPORT”にはオレンジブレーキキャリパー(LEXUXロゴ入り)がメーカーオプションとして新たに設定

また予防安全パッケージ「Lexus Safety System+A」の機能のひとつであるレーントレーシングアシスト[LTA]では、ドライバーの負担軽減を目指し、システム制御の改良によってセンタートレース性を向上。ふらつきを低減し、より安全・安心な走行ができるLTA制御を実現した。

側方間隔確保機能作動イメージ

高度運転支援技術「Lexus Teammate[Advanced Drive]」搭載モデルでは、性能向上を実現。周辺車両の動きへの配慮として、追い越しの際、側方間隔確保機能の作動条件をより積極的に作動するように変更。ドライバーの意志に寄り添った運転支援を実現した。

さらに車線変更支援できる場面を拡大。被合流区間から区間外へのレーンチェンジ時の支援ができるようになった。また、視認性向上を目的に背景色などメーターグラフィックが一部変更された。すでに「Lexus Teammate[Advanced Drive]」搭載モデルを購入した方も、無線通信を利用したソフトウェアアップデートによって、同様の機能が提供される。加えて、新たに左右・後方へLiDARを装着し、将来的な性能向上に役立てる。こちらに関しても。すでに「Lexus Teammate[Advanced Drive]」搭載モデル購入済みの方も、販売店でのLiDARの装着を予定している(詳細はレクサス公式サイト「LS」ページにて案内される予定)。

今回はそのほか、下記のメニューが改良点として挙げられている。
・“マークレビンソン”リファレンス3Dサラウンドサウンドシステムを“version L”に標準装備として追加設定(Executive、“Executive” Advanced Drive、“version L” Advanced Driveにはすでに標準装備)。
・全LSモデルに設定されている、車室内を快適な空気環境に導く「ナノイー」を「ナノイー X」へと進化させ、快適性をさらに向上。
・オレンジブレーキキャリパー(フロント・リヤLEXUSロゴ)を“F SPORT”にメーカーオプションとして新規設定。
・リヤシートリマインダー機能を全車標準設定。

ハイブリッド車のLS500hにはさらに、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/非常時給電システム付き)が標準装備された(Advanced drive搭載車には設定されない)。

●レクサス「LS」モデルラインナップ
【3.5ℓV型6気筒ツインターボエンジン搭載車】
・LS500“I package”:1071万円(FR)/1112万円(AWD)
・LS500“F SPORT”:1234万円(FR)/1244万円(AWD)
・LS500“version L”:1372万円(FR)/1413万円(AWD)
・LS500“EXECTIVE”:1537万円(FR)/1578万円(AWD)
【3.5ℓハイブリッド仕様車】
・LS500h“I package”:1222万円(FR)/1263万円(AWD)
・LS500h“F SPORT”:1356万円(FR)/1397万円(AWD)
・LS500h“version L”:1525万円(FR)/1564万円(AWD)
・LS500h“version L Advanced Drive”:1630万円(AWD)
・LS500h“EXECTIVE”:1690万円(FR)/1731万円(AWD)
・LS500h“EXECTIVE Advanced Drive”:1792万円(AWD)
※価格は消費税込み

●レクサス公式サイト「LS」

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン