プジョーの7シーターSUV「5008」にレッドのナッパレザーシートなどで華やかさを演出した特別仕様車「レッドナッパ」が登場!

7月20日、グループPSAジャパンはプジョーの7シーターSUV「5008」に、レッドナッパレザーシートやウッドデコレーション、パノラミックサンルーフを装備した特別仕様車「5008 GT BlueHDi Red Nappa(レッドナッパ)」を設定し、同日発売した。税込車両価格は567万6500円。

⼈気のパノラミックサンルーフに加えて、駐⾞時のステアリング操作を⾃動でおこなうパークアシストや、周囲の俯瞰映像を映し出す360°ビジョンなどの先進テクノロジーも搭載

プジョー5008は、2021年1⽉に最新のデザインコードのフェイスリフトを受けた都会派の7シーターSUV。7シーターSUVとしてはコンパクトな全長(4640mm)による取り回しのしやすさ、ロングホイールベース(2840mm)の伸びやかなスタイリング、“7シーター”もしくは“5シーター+広⼤なラゲッジ”という使い分けによる利便性などで⾼い評価を得ている。

今回発売される「5008 GT BlueHDi Red Nappa」は、最高出力177ps、最⼤トルク400Nmを誇るトルクフルな2.0ℓ直列4気筒ターボのクリーンディーゼルモデルに、鮮やかかつ深みのある⾚いナッパレザーシートとオープンポア仕上げのモダンな印象のウッドパネルのデコレーションをインストルメントパネルに配した特別仕様⾞。レッドナッパレザーシートはこれまで5008には設定されておらず、その⾊味は、プジョーの旗艦サルーン「508」が⽇本デビューした際に記念仕様として設定された「508 First Edition」と同様の特別なものだ。

この特別仕様車ではさらに、⼈気のパノラミックサンルーフを備えるほか、駐⾞時のステアリング操作を⾃動でおこなうパークアシストと周囲の俯瞰映像を映し出す360°ビジョンなどの先進テクノロジーも搭載するなど、充実した装備を誇る。

パノラミックサンルーフ
パークアシスト

ボディカラーはレッドナッパレザーシートとコーディネイトした2⾊を設定。より華やかさが際⽴つパール・ホワイトと、内外装のコントラストによる精悍さが魅⼒のペルラ・ネラ・ブラックから選択可能だ。

パール・ホワイト(2万2000円高の有償カラー)
ペルラ・ネラ・ブラック

●プジョー公式サイト「5008」

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン