シトロエンとセントジェームスがコラボ! 日本独自企画の特別仕様車「C3セントジェームス」がグローバルモデルとして再登場

グループPSAジャパンは11月4日、シトロエンのコンパクトカー「C3」にフレンチカジュアルファッションブランド「セントジェームス」とのコラボレーションによる特別仕様車「C3 SAINT JAMES(C3 セントジェームス)」を追加したと発表した。税込車両価格は272万5000円。

上級グレード「SHINE」をベースに、セントジェームスにインスパイアされたディテールを採用して特別感を主張

C3セントジェームスは、100年を超える歴史を持つフランスを代表するふたつのブランド、シトロエンとセントジェームスの融合から生まれた。フランスならではの人生をより良く楽しむ術と知識を、あらゆる人に提案するという共通のビジョンに導かれて生まれた一台だ。シトロエンとセントジェームスは、常に独立性、自由、開放的という価値観を大切にしており、この共通性をもとにコラボレーションをおこなうのは、きわめて自然なことといえる。実はこのコラボレーション、きっかけは日本からだったのだ。

今回発売されるC3セントジェームスのインスパイア元は、日本独自のコラボレーションモデルとして企画され、2019年6月に発売された特別仕様車「C3×SAINT JAMES(C3セントジェームス)」。日本で企画されたC3×SAINT JAMESのコンセプトと成功に、フランスのシトロエン本社が触発されるかたちで、セントジェームスとの協力関係があらためて推進されることになった。ふたつのブランドはC3を中心にコラボレーションをしていくことを決定し、その展開はグローバルに広がっていった。結果、今回の特別仕様車C3セントジェームスはグローバルモデルとしてあらたに生まれ変わり、フランス(フランスの海外県などを含む)、イギリス、ドイツ、オランダで発売されている。そして装いも新たに、いま日本にふたたび戻ってきたのである。

C3セントジェームスは、2021年5月に世界販売累計100万台の大台を超えるベストセラーモデルC3の上級グレード「SHINE」をベースとしており、セントジェームスにインスパイアされた特別なディテールが備わっている。ルーフには青、赤、白のトリコロールとSAINT JAMESのロゴ入りステッカーが、Cピラーにもトリコロールのステッカーがあしらわれている。フロントドアに装着したセントジェームスバッジは、特別感をさりげなく主張する。

移動の快適さと居心地の快適さはシトロエンの真骨頂であり、それはこのC3セントジェームスで一層の強調を見せている。専用ファブリック/テップレザー アドバンストコンフォートシートは、基準車のSHINEで高い評価を得ているアドバンストコンフォートシートをベースに、ヘッドレストとショルダー部分のテップレザーとアクセントのファブリックを変更。赤のステッチとSAINT JAMESのタグがアイキャッチになっている。なお、アドバンストコンフォートシートとは、シート生地裏に特別なフォームを追加し、さらにボリュームを従来の2mmから15mmへと大幅にアップしたもので、しっとりふっかりとした比類なき柔らかさを実現しており、クラスを超えた快適性とすでに高い評価を得ているものだ。

さらにインストルメントパネルはブラックのテップレザーとホワイトのステッチで仕上げ、センターコンソールシフトレバー下にはSAINT JAMESのバッジが付けられている。さらに、C3ならではの旅行かばんの持ち手をイメージしたインナードアハンドルには、青と赤のSAINT JAMESのドアハンドルアクセントが追加。そのほか、白いパイピングが入った専用フロアマットと、取扱説明書などを入れる専用ハンドブックケースも特別装備品だ。

ボディカラーはサーブルとブラン バンキーズの2色を設定。なお、アクティブセーフティブレーキ、LEDヘッドライト&インテリジェントハイビーム、フロント&バックソナー、バックカメラ、16インチアロイホイールなどの主要装備内容はSHINEグレードと同じだ。

ボディカラー:サーブル

ボディカラー:ブラン バンキーズ

●シトロエン公式サイト「C3セントジェームス」

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン