ボルボのコンパクトSUV「XC40」に新パワートレーンを搭載した「B3」グレードが登場! 新開発の7速DCTを採用

ボルボ・カー・ジャパンは11月24日、プレミアムコンパクトSUV「XC40」に新パワートレーンを導入するとともに、一部価格変更して同日発売した。

B3は従来のB4に代わる新エントリーグレードとして400万円を切るエントリー価格を実現

XC40はボルボ初のコンパクトSUVとして2018年3月に導入。幅広い年齢層から支持を受けており、2021年(1月~10月)においてはボルボブランドの国内最量販車種となっている。

今回新たに、全48Vハイブリッドモデルに新開発の7速DCTを採用し、ドライバビリティと燃費の向上を図った。併せて「B3」パワートレインを初導入し、従来のB4(ベースグレード)、B4モメンタム(FWD)に替わるB3(ベースグレード)、B3モメンタム(FWD)を新たに設定し、400万円を切るエントリー価格を実現している。

今回新たに導入する新開発のB3パワートレーンは、2.0ℓ直列4気筒直噴ターボと48Vハイブリッドシステムを搭載。最高出力163ps、最大トルク265Nmを発生する。トランスミッションは新開発の7速DCTを組み合わせ、WLTCモードで14.8km/ℓ(国土交通省申請値)の燃費を実現。また、B4 AWDにも新たに7速DCTを採用し、燃費は14.2km/ℓ(WLTCモード/国土交通省申請値)をマークする。

●ボルボ「XC40」ラインアップ
・B3:399万円
・B3モメンタム:469万円
・B4 AWDモメンタム:499万円
・B4 AWD Rデザイン:539万円
・B4 AWDインスクリプション:539万円
・リチャージ プラグインハイブリッドT5インスクリプション エクスプレッション:599万円
・リチャージ プラグインハイブリッドT5インスクリプション:649万円
※価格は消費税込み

●ボルボ・カー・ジャパン公式サイト「XC40」

著者プロフィール

細田 靖 近影

細田 靖