新型スバルBRZの北米での価格発表 前型から約18万円のアップ

2022年型スバルBRZ(北米仕様)
SUBARU OF AMERICAは、2022年がの新型BRZの価格を発表した。PremiumとLimitedの2つのトリムレベルが用意され、価格は27,995ドル(307万9450円)からだ。

北米で新型BRZの車両価格が発表された。
トリムレベル(グレード設定)はPremiumとLimitedのふたつ。それぞれ6MTと6ATが選べる。
価格(日本円は1$=110円換算)は

  • BRZ Premium(6MT)27995$(307万9450円)
  • BRZ Premium(6AT)29595$(325万5450円)
  • BRZ Limited(6MT)30495$(335万4450円)
  • BRZ Limited(6AT)32295$(355万2450円)

である。

MTとATの価格差はPremiumが1600$〔17万6000円)、Limitedは1800$(19万8000円)だ。前型は1100$だったから、500$(6万円)が、新型からATモデルに装備されるアイサイトの価格と言えるかもしれない。
ちなみに2020年モデル(前型)の価格は以下の通りだった。
2020年モデル(前型

  • BRZ Limited(6MT)28845$(317万2950円)
  • BRZ Limited(6AT)29945$(329万3950円)
  • BRZ tS(6MT)31495$(346万4450円)

同じLimited比較で前型から1650$(18万1500円)高となっている。
ここで発表されている価格はMSRP(メーカー希望小売価格)で、いわゆる税抜き価格だ。

前型BRZの日本国内価格は

BRZ GT(6MT)307万円(税込337万7000円)
BRZ GT (6AT)312万5000円(税込343万7500円)

だったから、間もなく発表される新型BRZの価格は、北米価格から考えると前型から15~20万円アップと予想される。クルマそのものの進化度合いを考えると、リーズナブルな価格で登場してくれそうだ。

2022年の新機能として、標準装備のタイヤ空気圧監視システム(TPMS)は、2セットのホイールをID登録できるようになった。

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン