トヨタのサブスク「KINTO」に「解約金フリープラン」が追加! 契約期間満了時も乗っているクルマを引き続き利用できる

トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」では、12月14日から新たなプラン「解約金フリープラン」が設定される。このプランは、所定の申込金を支払うことで中途解約にかかる解約金をゼロにするとともに、契約時に設定した利用期間の満了後も乗っているクルマを引き続き利用できるというものだ。

「解約金フリープラン」は長く乗れば乗るほどリーズナブルになる

KINTOではこれまで、ユーザーから「期間に縛られず、その時々の状況に応じて、クルマの利用を途中でやめたい」「クルマを引き続き利用したい」といった声が多く寄せられていた。こうした多様なニーズに応えるため、このたび新たに追加する「解約金フリープラン」と、既存の「初期費用フリープラン」のふたつのプランから、支払い方法が選択できるようになる。

「解約金フリープラン」では、契約の際、月額利用料の約5カ月分(※)に相当する申込金を支払うことで、中途解約にかかる解約金がゼロに。「初期費用フリープラン」では、中途解約の場合、残りの利用期間に応じた解約金を支払う必要があるが、新プランではこれが不要となるため、ユーザーのライフイベントを最優先に、より柔軟にクルマの利用期間が決められるようになる。
※「初期費用フリープラン」で同じ車種を3年で契約した場合の月額利用料がベース

また「初期費用フリープラン」では、契約時に設定した利用期間(3・5・7年から選択)の満了時に「お乗りのクルマの返却」か「KINTOで新たなクルマの契約」のいずれかが選択できる。これに対して「解約金フリープラン」では、利用期間を3年からスタートとする一方、満了時、月額利用料の約3か月分(※)に相当する申込金を支払うことで、「これまでお乗りのクルマの『再契約』」も選べる(「再契約」は2回まで。規定の審査申込みが必要。1回あたりの利用期間は2年のため、最長7年利用可能)。これにより「利用するうちに、同じクルマにこのまま乗り続けたくなった」といったニーズにも応える。
※当初設定する3年の月額利用料がベースで「再契約」ごとの支払いが必要。月額利用料は、車種やグレード、オプションによって異なるため、再契約後の具体的な利用料は、満了の5カ月前を目途に案内される予定。

「解約金フリープラン」は長く乗れば乗るほどリーズナブルになる点も特徴で、月額利用料は所定の申込金を支払うことで、当初設定する3年の利用期間中、同じ車種を3年で契約した場合の「初期費用フリープラン」の月額使用料に比べて約10%安くなる。加えて「再契約」の場合には、その都度所定の申込金を支払うことで、3年の利用期間中と比較して月額利用料は約15%、さらに2回目の「再契約」の場合には約30%安くなるため、長く乗れば乗るほどリーズナブルに利用できる。

カーリース

【2022年】カーリースおすすめ人気ランキング15選を比較紹介

この記事では、人気のおすすめカーリースをランキングで紹介します。 頭金が不要で月々決ま…

●KINTO

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン