【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】あのとき買っていなかったら一生後悔していた日産スカイラインGT-R(R32) | 3枚目の写真(全7枚)

「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】あのとき買っていなかったら一生後悔していた日産スカイラインGT-R(R32)」の1枚目の画像 ファミリアからアクセラの流れを汲み、2019年から日本での発売が開始されたマツダのCセグメントカーがMAZDA3だ。ハッチバックとセダンがラインナップするが、前者はとくにボディ後半の流麗なデザインが秀逸だ。
「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】あのとき買っていなかったら一生後悔していた日産スカイラインGT-R(R32)」の2枚目の画像 世界で初めて実用化に成功した燃焼制御技術「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」を採用したe-SKYACTIV-Xエンジン。190ps&240Nm、WLTCモード燃費16.7km/L(4WD)とスペック自体は突出したものではないのだが、実際にドライブしてみるとファンなエンジンであることに驚かされる。
「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】あのとき買っていなかったら一生後悔していた日産スカイラインGT-R(R32)」の3枚目の画像
「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】あのとき買っていなかったら一生後悔していた日産スカイラインGT-R(R32)」の4枚目の画像 1993年のマイナーチェンジ時に追加されたVスペック。前後ブレーキローター径の拡大、ブレンボ製ブレーキ、BBS製17インチホイール、225/50R17サイズタイヤなどを装備していた。
「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】あのとき買っていなかったら一生後悔していた日産スカイラインGT-R(R32)」の5枚目の画像 こちらは1989年に登場したスカイラインGT-Rの前期型。
「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】あのとき買っていなかったら一生後悔していた日産スカイラインGT-R(R32)」の6枚目の画像 こちらは自然吸気エンジン搭載のG-Limited。GTとの外観上の差はほとんどない。
「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】あのとき買っていなかったら一生後悔していた日産スカイラインGT-R(R32)」の7枚目の画像 1989年にモデルチェンジして2代目に移行したトヨタMR2。写真はターボエンジンを搭載したトップグレードのGT。初期型は225psという最高出力に対して、14インチタイヤはキャパ不足が指摘された。その後、インチアップやブレーキ容量拡大などの改良を重ねることでハンドリングも熟成されていった。
  • 「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】あのとき買っていなかったら一生後悔していた日産スカイラインGT-R(R32)」の7枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】あのとき買っていなかったら一生後悔していた日産スカイラインGT-R(R32)」の7枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】あのとき買っていなかったら一生後悔していた日産スカイラインGT-R(R32)」の7枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】あのとき買っていなかったら一生後悔していた日産スカイラインGT-R(R32)」の7枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】あのとき買っていなかったら一生後悔していた日産スカイラインGT-R(R32)」の7枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】あのとき買っていなかったら一生後悔していた日産スカイラインGT-R(R32)」の7枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】あのとき買っていなかったら一生後悔していた日産スカイラインGT-R(R32)」の7枚目の画像ギャラリーへのリンク