【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】初のイタ車、フィアット124スパイダーがその後の人生を変えてくれた!(まるも亜希子) | 4枚目の写真(全6枚)

「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】初のイタ車、フィアット124スパイダーがその後の人生を変えてくれた!(まるも亜希子)」の1枚目の画像 初代は1964年に登場し、コンパクトかつスポーティな「ポニーカー」の1台として大ヒットを飛ばしたフォード・マスタング。1994年にバトンを引き継いだ5代目は日本にも正規輸入された。99年にはマイナーチェンジを受け、角張ったヘッドライトを新採用するなどフロントマスクが一新された。
「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】初のイタ車、フィアット124スパイダーがその後の人生を変えてくれた!(まるも亜希子)」の2枚目の画像 ステアリングホイールから手の届きやすい位置にスイッチを配置するなど、インパネもスポーティさと機能性の両立が図られている。
「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】初のイタ車、フィアット124スパイダーがその後の人生を変えてくれた!(まるも亜希子)」の3枚目の画像 1.5L i-VTECエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドスポーツカー、ホンダCR-Zは2010年発売。10・15モード燃費は25.0km/Lを達成し、俊敏な走りとエコを両立していた。2010-2011日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。
「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】初のイタ車、フィアット124スパイダーがその後の人生を変えてくれた!(まるも亜希子)」の4枚目の画像 「小股の切れ上がった(死語)」スタイルもCR-Zの魅力。絞り込まれたキャビンとエクストラウインドウが織りなすリヤビューが美しい。
「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】初のイタ車、フィアット124スパイダーがその後の人生を変えてくれた!(まるも亜希子)」の5枚目の画像
「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】初のイタ車、フィアット124スパイダーがその後の人生を変えてくれた!(まるも亜希子)」の6枚目の画像 1966年にデビューしたフィアット124スパイダー。先んじて世に送り出されていたセダンとは異なる美しいオープンボディはピニンファリーナの手によるもの。ちなみにこの写真は広報写真で、ステアリングを握る女性はまるも亜希子さんではありません。
  • 「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】初のイタ車、フィアット124スパイダーがその後の人生を変えてくれた!(まるも亜希子)」の6枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】初のイタ車、フィアット124スパイダーがその後の人生を変えてくれた!(まるも亜希子)」の6枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】初のイタ車、フィアット124スパイダーがその後の人生を変えてくれた!(まるも亜希子)」の6枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】初のイタ車、フィアット124スパイダーがその後の人生を変えてくれた!(まるも亜希子)」の6枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】初のイタ車、フィアット124スパイダーがその後の人生を変えてくれた!(まるも亜希子)」の6枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「【プロが選んだ思い出の愛車・ベスト3】初のイタ車、フィアット124スパイダーがその後の人生を変えてくれた!(まるも亜希子)」の6枚目の画像ギャラリーへのリンク