マツダCX-3/CX30/CX-5そしてCX-4を完全比較!

マツダのSUVシリーズ、CX-3とCX-30、CX-5のサイズを見れば、そのキャラクターがわかる!?

マツダCX-30
マツダのSUV/クロスオーバーモデルは、モデル名に「CX-」が付く。現在国内で販売されているのは、CX-3、CX-30、CX-5、CX-8である。ここでは、スモール〜ミドルクラスのCX-3、CX-30、CX-5、そして中国専用モデルであるCX-4を比べてみよう。

マツダは、CX-30をCX-3の後継モデルではない、と説明している。新世代商品群の第二弾であるCX-30は、もちろんベースはマツダ3と考えていい(CX-3はデミオベース)。ホイールベースはマツダ3が2725mmに対してCX-30は2655mmである。

さて、まずは全長と全幅から見てみよう。

CX-3:全長4275mm ホイールベース2570mm

CX-30:全長4395mm ホイールベース2655mm

CX-5:全長4545mm ホイールベース2700mm

CX-4:全長4633mm ホイールベース2700mm

CX-4はおまけで掲載したが、CX-30のサイズ感はよくわかる。

フロントオーバーハングは?

CX-3:フロントオーバーハング910mm

CX-30:フロントオーバーハング915mm

CX-5:フロントオーバーハング945mm

これをホイールベース比でみると
CX-3:0.354
CX-30:0.345
CX-5:0.350
となっている。つまり、CX-30がもっともフロントオーバーハングが小さく(絶対値ではなく相対的に)スポーティなルックスであると言える。

リヤオーバーハングは?

CX-3:リヤオーバーハング795mm

CX-30:リヤオーバーハング825mm

CX-5:リヤオーバーハング900mm

これをホイールベース比でみると
CX-3:0.309
CX-30:0.309
CX-5:0.333

となっている。これはCX-3、CX-30がパーソナルなクロスオーバーSUVなのに対して、CX-5が本格SUVの王道モデルであるからだろう。

ちなみに、CX-30のタイヤサイズは
フロント:215/65R16
リヤ:215/55R18
と前後異サイズとなるようだ。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部