コンプリートカー&コンセプトカーから新製品まで 東京オートサロン2022でアルパインに注目

アルパインスタイルが東京オートサロン2022にポップアップストアを出展 【CAR MONO図鑑】

アルパインマーケティングとアルパインニューズは東京オートサロン2022にポップアップストア「ALPINE STYLE 幕張357店」を出展。AVシステムに加え内外装をカスタマイズした10台のコンプリートカーやコンセプトカーが登場予定だ。

REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)

問い合わせ:アルパイン
電話:0570-006636

エンタメを存分に楽しめる盛りだくさんの内容

カスタマイズカーブランド「ALPINE STYLE(アルパインスタイル)」を手掛けるアルパインマーケティングと、アルパインニューズは東京オートサロン2022に「ALPINE STYLE 幕張357店」を出展する。

これはブース全体をショップに見立てた構成で、目玉となるのはさまざまなタイプのコンプリートカー。アルファードには「Sound Package」、「ALPINE STYLE BLACK LIMITED」、「New ULTIMATE LINE」という趣向が異なる3タイプを用意し、他にもランドクルーザープラド、RAV4、ハリアーといった人気SUVをベースとしたモデルが揃う。いずれもアルパインスタイルならではのサウンドカスタマイズ、内外装のドレスアップが施されている。

また、新たなカーライフ提案を行うアクティブカーライフゾーンには、“campic”コンセプトアルファード、ジムニー、ジムニーシエラなどをラインアップする。

12月に発表されたばかりのディスプレイオーディオやデジタルミラーなど、アルパインのカーエレ新製品にも実際に触れることができる。こちらにも注目だ。

著者プロフィール

浜先秀彰 近影

浜先秀彰

 個人のYouTubeチャンネル「カーグッズチャンネル」を開設。業界では珍しいカーグッズ専門のライター/エ…