最新スポーツモデルとF1由来のハイブリッド技術搭載SUVをしかと見よ!!

ルノー&アルピーヌ 最新スポーツモデル 「A110S」とルノーF1の技術が生きるハイブリッドSUV「アルカナ」が登場!! 【東京オートサロン2022】

『東京オートサロン2022』のルノー・ジャポンのブースには、さっそく新しくなったルノーのエンブレムもお目見え。
アルピーヌ・ジャポンおよびルノー・ジャポンは、世界に先駆けて最新スポーツモデルを、そして正式発表に先駆けて新型ハイブリッドSUVをそれぞれ『東京オートサロン2022』にて発表した。

『東京オートサロン2022』には外国車のブースもある。アルピーヌ・ジャポンでは、2021年11月に改良新型を発表したミッドシップスポーツのA110と、2021年シーズンを競ったアルピーヌF1マシンを展示している。

アルピーヌA110Sは世界初公開となる最新スポーツモデル。
同じくアルピーヌA110Sのリヤビュー。

新たに改良が加えられたA110は、ベースモデルとも言えるA110、洗練されたデザインと快適性を重視したA110GT、高出力エンジンと専用チューニングを施したシャシーを持つスポーツモデルのA110Sという3グレードに再編されたが、今回、ブースに展示されたA110Sのお披露目はこれが世界初となる。A110 GTおよび Sは300ps/340Nmを発生するハイパワーエンジンが与えられた結果、GTでは余裕のある走りが、Sではいっそう刺激的な走りが楽しめるという。

また、同モデルの販売開始を記念し、A110 Sをベースに高速安定性と最高速度を高めるエアロキットとセミスリックタイヤ、専用の内装を装備した記念限定車、A110 S アセンションも発売され、2月10日から受注が開始される。

F1マシンの技術に由来した独自のフルハイブリッドシステムを搭載する新型SUV『アルカナ』。正式発表に先駆けての公開となった。
『アルカナ』のリヤビュー。いわゆるCセグメントに属するサイズのSUVで、ルノー・アライアンスで開発された“Bプラットフォーム”を採用。フルハイブリッド車ながら重量は軽くできているとのこと。

一方、ルノー・ジャポンでは、2022年春の発売を予定している新型ハイブリッドSUV『アルカナ』を、正式発表に先駆けて会場で披露している。流麗なクーペスタイルに、輸入車では数少ないフルハイブリッドシステムを採用しているのが特徴。このフルハイブリッドシステムは『E-TECH HYBRID』システムと呼ばれ、ルノーF1で培った技術が取り入れられて開発された独自のハイブリッド技術だ。

電気モーターとガソリンエンジンの間に、F1マシンで用いられているのと同様な、ドグクラッチを用いたトランスミッションを搭載する独特の『E-TECH HYBRID』システム。

プレスカンファレンスにおいてルノー・ジャポンの大極司社長は「『アルカナ』は輸入車唯一のフルハイブリッド車なので、輸入車で言えば明確な競合はいないだろう。輸入車が、ハイブリッドが、と言うのではなく、従来のようなディーゼルもあればBEVも出てきているエコカー全般の中で強みが持てるだろうと思う」と語っている。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部