ハコスカフェイスのフルチューン・サニトラ!  リヤサスは4リンク化【東京オートサロン2022】

日産サニートラック
ハコスカフェイスのサニートラック。
東京オートサロン2022の会場には、レイトンブルーに塗られた旧車が並ぶブースがあった。そこには定番カスタムになりつつある「ハコスカフェイス」を纏ったサニートラック、通称サニトラの姿が。荷台を見れば、リヤサスが「???」なことになっている。一体このサニトラは何者なんだ!?

PHOTO&REPORT●増田 満(MASUDA Mitsuru)

AKIRA’sサニートラック(尾林ファクトリー)

AKIRA’sサニートラックと題してカスタムされたサニトラは、東京都青梅市でカーオーディオをメインに各種カスタムを展開している尾林ファクトリーのブースに展示された1台。「街乗りからサーキットまで」をコンセプトにエンジンや足周りがチューニングされ、定番になりつつあるハコスカフェイスのエアロやオーバーフェンダーでカスタムされている。

ハコスカフェイスのサニートラック。
日産サニートラック
レイトンブルーに塗られたAKIRA’sサニートラック。

レイトンブルーに塗られたボディの前後にはワークスタイプのオーバーフェンダーを装着。足元はフロント8J、リヤ12Jのワイドホイールを履く。ハコスカの顔付きとオーバーフェンダーは最高の組み合わせで、それをサニトラでやってしまったところがいい。

日産サニートラック
リヤ12JのB・R・Eホイール。
日産サニートラック
バッテリーはこの位置。

足周りスタイルキング製の車高調をフロントに組み込み、リヤは純正のリジッドから4リンクへ大変更。そのため荷台からサスペンションメンバーがハミ出てしまっている。さらにエアサスを組むことで自在に車高を上下させられることから、大型バイクを積みやすくしてあるのだという。

日産サニートラック
4リンク&エアサス化!
日産サニートラック
ハコスカフェイスにオイルクーラー。

エンジンはトイカーズファクトリーによるA14改15フルチューン仕様。トイカーズファクトリーはA型エンジン搭載のサニーをメインにチューニング&カスタムを展開する専門店。エンジン内部はもちろんのこと、このサニトラのように角張ったタペットカバーなどもワンオフ製作してくれる。

日産サニートラック
トイカーズファクトリーでフルチューンしたA14型エンジン。
日産サニートラック
ノーマルのA型とタペットカバーが違う!

インテリアは徹底してレーシーなイメージ。カーボン張りにしてしまったダッシュボードには、いすゞ117クーペ純正メーターを組み合わせる絶妙のセンスを発揮。助手席に置いてあるのは得意のオーディオユニットで好みの場所へ置くことができるように、あえて固定していないのだとか。

日産サニートラック
カーボン張りのダッシュボード。
日産サニートラック
フルバケットシートに変更。

サニートラックは1971年から2000年代まで作り続けられた超ロングセラーモデルだからベース車が豊富にある。これからカスタムしてみるには最高の素材だと言える。

日産フィガロ

S2000のエンジンを搭載して完全レーシング化! GTマシン風フィガロ見参【東京オートサロン2022】

一連の日産パイクカーも生産から30年も経ち、れっきとした旧車の仲間入り。近年ではイギリスを中…

著者プロフィール

増田満 近影

増田満

小学生時代にスーパーカーブームが巻き起こり後楽園球場へ足を運んだ世代。大学卒業後は自動車雑誌編集部…