ホンダが大型船外機「BF150」「F135」「F115」をモデルチェンジ。電子制御リモートコントロールシステム搭載タイプを追加

BF150搭載例
ホンダは1月24日、クラストップレベルの低燃費と優れた耐久性を兼ね備えた大型4ストローク船外機「BF150」「BF135」「BF115」の3機種をモデルチェンジし、同日よりホンダ船外機取扱店にて販売を開始した。メーカー希望小売価格は「BF150」が180万7300円〜185万1300円、「BF135」が168万800円〜170万2800円、「BF115」が153万7800円(いずれも税込)。

エンジン内部のレイアウトを見直し、定期交換が必要な部品やオイルの交換作業時間の短縮を可能とするなど、メンテナンス性も向上

現在のマリン市場では、船外機を複数搭載する多基掛けボートなどで優れた操作性を発揮する電子制御リモートコントロールシステム(DBW=ドライブ・バイ・ワイヤ)に対するニーズが高まっている。これを受けて今回、レジャーや業務用など幅広いシーンで好評を得ているBF150、BF135、BF115の3機種に、新たにDBWタイプを設定。ホンダ船外機のフラッグシップモデルである「BF250」に搭載のDBWシステムを採用し、高い信頼性と快適な操作性を実現した。

DBW用電子リモコン(シングルレバー)

また、エンジン内部のレイアウトを見直し、定期交換が必要な部品やオイルの交換作業時間の短縮を可能とするなど、メンテナンス性も向上させている。

外観デザインには「ダイナミック・モーション・フォルム」を新たに採用。ホンダ船外機の機能的なスタイリングを継承しながら、大型インテークデザインにより先進性を感じさせるデザインに。なお、このデザインが評価され、販売に先立ち2021年グッドデザイン賞を受賞している。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部