ダンロップから小型バス&小型トラック用の新オールシーズンタイヤ「SP LT22」が登場! 総合的なウエット性を大幅に向上

住友ゴムは1月24日、働くクルマに求められる総合的なウエット性能を大幅に高めた小型トラック・小型バス用オールシーズンタイヤ、ダンロップ「SP LT22(エスピーエルティーニジュウニ)」を3月1日から順次発売すると発表した。発売サイズは幅広い車種に適合する15〜17.5インチの全20サイズで、価格はオープン。

従来品SP LT21Mと比べて、滑りやすい路面におけるウエットトラクション性能が30%、ウエットブレーキ性能が24%向上

SP LT22は、ウエットトラクション性能・ウエットブレーキ性能・ウエット操縦安定性能を大幅に高めており、工事現場の鉄板や横断歩道の白線、マンホールなどの雨天時に滑りやすい路面でもより安心して走行できる。

また、エッジ成分を従来品「SP LT21M」から増やし、接地面積も拡大することで、特に滑りやすい路面におけるウエットトラクション性能が30%、ウエットブレーキ性能が24%向上。さらにリブ数を減らしてブロックを大きくすることで剛性を強化し、ウエット操縦安定性能も向上している。

さらにこれらの性能に加えて、優れた耐摩耗性能やドライ操縦安定性能も備えており、様々な天候下で働くクルマを足元から支える。特徴を詳しく見ていこう。

エッジ成分増加によりウエットトラクション性能が向上

トレッドに細かな横溝(サイプ)を施すことで、エッジ成分を従来品比の約3倍に増加。エッジ数が増えたことで、より多くの水をかき出しいち早く路面に密着することを可能にし、特に滑りやすい路面におけるウエットトラクション性能が30%向上している。

接地面積増加によりウエットブレーキ性能が向上

タイヤトレッドと路面との実接地面積を従来品比で30%増加。実接地面積が増加したことで、路面に車両からの力が伝わりやすくなり、特に滑りやすい路面におけるウエットブレーキ性能が24%、アスファルト路面では5%向上し、雨天時においてもより早く止まれる。また接地幅が広くなったことでトレッドにかかる圧力が分散され、ショルダー部が早期に摩耗してしまう肩落ち摩耗を防ぐ。

ブロック拡大によりウエット操縦安定性能が向上

従来品で6列だったリブを2列減らし、ひとつひとつのブロックを大きくすることで、トレッド全体の剛性が向上しタイヤのふんばる力が強くなった。これによってウエット操縦安定性能が向上し、カーブ時に外側へ膨らみにくくなり、レーンチェンジ時のふらつきも抑えられる。さらにリブ数を減らしたことで、石噛みしやすいブロックの交差ポイントが減少し、タイヤ損傷の抑制にも繋がる。

ゴムの配合変更と3Dサイプ採用で耐摩耗性能が向上

ゴムに配合するカーボンブラックを、従来品で使用していたものよりも補強層の大きい「新アクティブカーボン」に変更したことにより、ポリマーとの結びつきが強固になり、より強いゴムへ進化。さらに3Dサイプを採用することで、ブロック同士が互いを支え合い、ブロックの倒れこみを防ぎ剛性が保たれ、優れた耐摩耗性能を発揮する。

●ダンロップ「SP LT22」サイズラインナップ

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部