メルセデス・ベンツ「Vクラス」が一部改良! 安全運転支援システムに自動ブレーキ機能を備えた「リアクロストラフィックアラート」を追加

7月29日、メルセデス・ベンツ日本はVクラスの装備を一部改良し、同日から注文受付を開始した。税込車両価格は791万円〜959万円で、顧客への納車は今年8月(V 220 dマルコポーロホライズンは2022年の第1四半期)からの予定だ。

車両側のメディアディスプレイでスマートフォンアプリが使用可能となる「スマートフォン連携機能」も標準装備に

1998年に欧州のミニバンとして初めて日本に導入された「Vクラス」は、ワイドでスクエアなスタイリングと広く上質な室内空間にアレンジ自在なシートを備え、プレミアムミニバンというセグメントを創出した。その後も、2003年、2015年のフルモデルチェンジを経て、7名乗車のシートレイアウトや左右両側の電動スライドドア、リアエンターテインメントシステムなど、日本のユーザーニーズにあわせて装備や専用アクセサリーの拡充を図り、累計販売台数約3万台を達成したロングセラーモデルに成長している。

2019年10月に発表された現行Vクラスは、すべての乗員が快適に過ごすことができ、3点式シートベルト一体型のシートや、多彩なシートアレンジが可能なシートレイアウト、FR(フロントエンジン・後輪駆動)レイアウトなど、これまでのVクラスのコンセプトを継承しながらも、安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」と対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」を標準装備するなど、最新の「メルセデス・ベンツのミニバン」の名に相応しい快適性と安全性を備えている。

このたびの一部改良では、全車標準装備の「レーダーセーフティパッケージ」に、並列駐車スペースからバックで出る際に、後ろを横切るクルマを検知してドライバーに注意を促すとともに、必要に応じて自動でブレーキを作動(作動速度範囲は約0〜10km/h)させる「リアクロストラフィックアラート」を追加。また、スマートフォンをケーブルで接続することで、車両側のメディアディスプレイでスマートフォンアプリが使用可能となる「スマートフォン連携機能」も標準装備に追加された。

さらに、エクスクルーシブシートパッケージ(※)に採用されているエクスクルーシブシート(2列目)では、シート素材がナッパレザーへ変更されたほか、カップホルダー、USB ポート、スマートフォン用トレイ、小物入れが追加され、質感と利便性がいっそう高められている。
※「V 220 d アバンギャルド ロング」「V 220 d アバンギャルド エクストラロング」にオプション設定(価格は税込97万円)

●メルセデス・ベンツ「Vクラス」モデルラインナップ
・V 220 d:791万円
・V 220 dアバンギャルド ロング:816万円
・V 220 dアバンギャルド エクストラロング:841万円
・V 220 dマルコポーロホライズン:959万円
※パワートレインは163ps/380Nmを発揮する2.2ℓ直列4気筒ディーゼルターボエンジン+7速ATを全車に搭載。価格は消費税込み。

●メルセデス・ベンツ公式サイト「Vクラス」

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン